政策

2022.10.21

固定価格買取制度(FIT)とは?わかりやすく解説 問題点や見直しポイントも

こんにちは!「太陽光発電と蓄電池の見積サイト『ソーラーパートナーズ』」記事編集部 […]
2022.10.21

太陽光発電は今後どうなる?2021年の現状と売電制度やこれからの方向性をわかりやすく解説

こんにちは!「太陽光発電と蓄電池の見積サイト『ソーラーパートナーズ』」記事編集部 […]
2022.10.21

『太陽光バブルの後始末!?』国民負担軽減のため未稼働太陽光発電の売電価格を減額へ

資源エネルギー庁が太陽光発電の未稼働案件に大ナタ 2018年10月15日に資源エ […]
売電価格2020年はどうなる?太陽光発電は2019年度中の購入がよりお得になりそう
2022.10.21

売電価格2020年はどうなる?FIT制度終了?詳しく解説

2020年度の売電価格がほぼ21円にて決定されました。2020年以降の売電価格に関しても解説しておりますので、チェックしてみたください。
2022.10.21

経済産業省が太陽光発電の出力制御に4つの対策案 九州電力などの出力制御を大幅に低減

経産省が出力制御低減に4つの対策を用意 経済産業省が出力制御量の低減に向けて本格 […]
2022.10.21

2018年10月九州電力が太陽光発電の出力制御を実施 今後の見通しと住宅用への影響は

離島以外では全国初 九州で出力制御が実施された 10月13日(土)、14日(日) […]
2022.10.21

【2018年7月3日追記あり】経済産業省による事業計画認定の遅れについて

【2018年7月3日追記】 2018年7月2日に経済産業省資源エネルギー庁より、 […]
【誰でもわかる】太陽光発電2019年問題とは結局なにが問題なのか?
2022.10.21

【誰でもわかる】太陽光発電2019年問題とは結局なにが問題なのか?

この記事では、「2019年問題とは何か」といった基本的なことから、「2019年問題の対象者は誰」「これから設置する人は大丈夫か」「2019年問題の対策」といった点まで網羅的に解説します。 固定買取期間終了後の売電価格に関する情報も掲載していますので、太陽光発電設置済みの人も、これから設置を考えている人も、この記事を読めば、今後どれぐらいの収入が得られるのか見通しがつくはずです。
2022.10.21

東京都議会議員選挙で都民ファーストの会が大勝!東京都の太陽光発電はどうなる?

東京都議会議員選挙で都民ファーストの会が大勝 2017年7月2日(日)、東京都議 […]
2022.10.21

資源エネルギー庁から公式発表!新規設備認定の申請が大幅に遅れる

2017年度の新規事業計画認定申請、いまだ進まず 2017年5月24日(水)に、 […]
2022.10.21

事業認定の審査が大幅遅れ!太陽光業者の大量倒産の危機

事業計画認定申請の審査長期化は何が問題か 2017年6月19日(水)に資源エネル […]
2022.10.21

再生可能エネルギー100%を目指す企業「RE100」

「RE100」って知ってますか? アップル、グーグル、マイクロソフト、フェイスブ […]
2022.10.21

アメリカがパリ協定離脱を表明!しかし世界の温暖化対策の勢いは止まらず

アメリカがパリ協定離脱を表明 2017年6月1日(木)に、アメリカのトランプ大統 […]
2022.10.21

改正FIT法による認定失効45.6万件は、再エネ普及の追い風

設備認定失効件数45.6万件 2017年4月21日(金)、資源エネルギー庁は改正 […]
2022.10.21

2030年までの太陽光発電導入目標64GWを半分まで到達!

太陽光発電導入件数 目標の半分を達成! 資源エネルギー庁は、現在直近3か月の再生 […]
2022.10.21

世界の太陽光発電業界はどうなってる? 2016年国別導入量ランキング

IEA PVPSが2016年のレポートを発表 IEA PVPSの2016年レポー […]
2022.10.21

2017年度以降の設置者はほぼ全員必須!事業計画認定の申請確認メールの承諾方法

「設備認定」から「事業計画認定」へ 2017年4月より改正FIT法が施工され、今 […]
2022.10.21

2016年度までの設置者必見!改正FIT法に伴う「みなし認定」移行手続きの方法

稼働済み太陽光発電も事業計画認定の取得が必須に! 2017年4月1日から、改正F […]
2022.10.21

再生可能エネルギーの普及を促進する「VPP」とは?

VPPとは 太陽光発電や風力発電といった再生可能エネルギーの普及が進む中、「VP […]
2022.10.21

太陽光発電の発電コストは2014年は29.4円。2030年に発電コストはどこまで下がる?

太陽光発電の発電コストは高いのか 「太陽光発電をはじめとした再生可能エネルギーは […]
閉じる
ソーラーパートナーズ
お問い合わせ先