ソーラーパートナーズ

ソーラーパートナーズ独自の取組

椿 妃南子(つばき ひなこ)

太陽光発電への想い

今後の日本に必要な太陽光発電

私は今の会社に就職するまで太陽光発電に対して環境に良いエネルギーという漠然としたイメージしか持っていませんでした。
しかし、日本の現状を知るほど太陽光発電がいかに今後の日本に必要なものか実感しました。

日本は資源に富んだ国ではありません。
現在のエネルギー自給率はわすか6%です。
中国やロシアの諸外国からいわゆる枯渇性エネルギーである石炭や天然ガスを輸入することで生活を成り立たせています。

今後日本はエネルギー自給率を引き上げるために原子力発電の再開を計画しています。
反対の声が強い原子力発電を国全体の発電量の20%~22%まで増やすことを目指しているのです。
これはとても衝撃的な数字です。

日本がエネルギー自給率を引き上げるためには原子力発電に頼るしかないのでしょうか? そこで注目されるのが再生可能エネルギーです。

住宅に設置できることは最大のメリット

有名な再生可能エネルギーを例に挙げると水力発電や風力発電などが真っ先に思い浮かぶかと思います。
しかしこれらの再生可能エネルギーには今後数を増やして行けない致命的な理由があります。

まず、水力発電を作るにはダムを建設する必要があります。
日本には、既にたくさんのダムがあり、新しく大きなダムを作るのは困難だと言われています。
また、ダムを建設するには既にある森林をたくさん伐採しなければなりません。
風力発電にしてもこの山国の日本で広大な土地でかつ風が強い場所がどれほどあるでしょうか。

その中で太陽光発電は各自の家で発電ができるという最大のメリットがあります。
さらに余った電力は売電することができます。

今はまだ導入にかかる金額は高く感じますが、売電によって収入をプラスにすることも可能です。
私はそのような点から今後間違いなく太陽光発電は日本における再生可能エネルギーの中心的存在になっていくと考えています。

プロフィール

椿 妃南子

椿 妃南子
(つばき ひなこ)

鹿児島出身の元気と笑顔がトレードマークです。水泳を16年間やっていた体育会系女子でもあります。
毎日よく食べよく飲みよく遊んで生きていきたいガラケー操作がわからない世代代表です。
趣味はゲームとアイドルを応援することで休日はTVの前から離れません。
座右の銘は女は度胸と愛嬌です。よろしくお願いします。

得意分野

お客様一人一人のお話を丁寧に聞き、初歩的なことからお客様のお悩みを一緒に考えていくように心がけています。太陽光発電を導入するうえでネックになるポイントはお客様によって異なり、導入の考えに至るまでの過程も様々かと思います。さらに自身で調べてもどうにもはっきりとした概要がつかみにくい商品です。そんなお客様の不安点を取り除き、安心してよりお客様に適した太陽光をご検討いただけるように提案させていただきます

好きなメーカー

特にこだわりはありませんが、カナディアンソーラーはコストパフォーマンスが高く、経済メリットを得やすいメーカーだと考えています。

国内メーカーでは三菱や長州産業といった、国内製造を続けているメーカーを応援しています。

ソーラーアドバイザーになったきっかけ

私は何かを生み出せる仕事がしたいと考えていました。世間にとって自分のした仕事がプラスになるような、誰かのためになるような仕事は何だろうと悩みながら就職活動をしていました。その時に出会ったのが今のソーラーアドバイザーでした。太陽光はご家族と長く関わって行くものですし、広い視点から見ると後の世代の環境問題にまで関わることができます。数年後から見てもずっと先の未来から見ても意味のある仕事だと感じました。
また、客様と一対一で向き合ってお話しできる点も接客業の仕事を好んで行ってきた自分としては魅力に感じました。

ソーラーアドバイザーのやりがい

やはり、迷っているお客様の背中を押すことができる点です。簡単に購入を決定するような商品ではないですが、正しく選べば確実にお客様に様々な利益をもたらすことが出来ます。そんなお客様の選択のお手伝いをし、太陽光発電の素晴らしさを普及していきたいです。

椿 妃南子のおすすめ記事

やはり新しいものを買う際にはメリットデメリットが気になってしまうもの。メリットだけでなくデメリットもしかっりと理解したい。メリットだけでは信用できない。そんなお客様にぜひ読んでいただきたいです。

\ あなたが検討しているのはどっち? /
あなたが検討しているのはどっち?