ソーラーパートナーズ
ソーラーパートナーズ独自の取組

東京電力のエリアで蓄電池を検討しています。電気契約を変更する必要はありますか?

Q
東京で蓄電池を検討しています。安い深夜電力を貯めて昼間使うからお得になると言われたのですが、電気契約を代えないといけないのでしょうか?
A
深夜電力が安い電気契約プランに代えないと、蓄電池の経済メリットを得ることはできません。
回答者
中村雄介

東京電力で一番深夜電力が安いプランは「スマートライフ」というプランがありますが、これはオール電化家庭だけが契約できるプランです。

もし現在ガス併用している場合は、同時にオール電化をにしてスマートライフに電気契約に変更するか、ガス併用のまま「夜トク」というプランに変更する必要があります。

ちなみに…

しかし、スマートライフが深夜電力17.46円なのに対し、例えば「夜トク8」は23時~7時の時間帯が20.78円とさほど安くありません。

おまけにそれ以外の7時~23時の時間帯の電気代単価は32.14円と跳ね上がります。

見かけ上の深夜電力との差額メリットは大きくなりますが、逆に差額デメリットもかなり出てしまいます。

いくら太陽光発電で日中の電気は購入しなくていいと言っても、7時台は発電量が少ないですし夜は発電がありません。

そうしますと日中の電気使用が発生するであろう専業主婦家庭にはオススメできませんし、共働き世帯でも導入するかは非常に悩ましいプランです。

ちなみにスマートライフは日中の電気代単価は25.33円と割高ではありません。

\ あなたが検討しているのはどっち? /
あなたが検討しているのはどっち?