15kWの太陽光発電を検討していますが、支持瓦工法とアンカー工法で費用はどれくらい変わりますか?

Q
お客様からのご質問

8.5×11.5mの屋根に15kW太陽光発電パネルを載せれたらと思っていますけど、支持瓦工法はアンカー方式に比べてどれぐらい費用がかさむのでしょうか?

A
ソーラーアドバイザーからの回答
回答者
中村雄介

ご質問ありがとうございます。
『支持瓦工法とアンカー工法の価格の違いについて』のご質問ですね。

15kW程度の設置容量ということですと、支持瓦工法の方がアンカー工法より15~20万円程度価格が高くなります。

支持瓦工法はアンカー工法が瓦に穴を開ける工法なのに対して、瓦に穴を開ける必要が無いため、ご希望される方も多いのですが、瓦の種類によっては支持瓦工法で設置をすることができないことも多いため、発注量が少なく、金額が高くなってしまっているようです。

また、瓦に穴を開けないといっても、支持瓦工法も瓦の下にある「野地板」には穴を開けます。
その為、いずれの工法を採用しても、工事の品質次第では雨漏りの可能性はあると考えていただいた方がいいです。

雨漏りの可能性を小さくするためには、どの工法を採用するかよりも、
「どれだけしっかりと工事をやってくれる企業に依頼するか」
が重要です。

閉じる
ソーラーパートナーズ
お問い合わせ先