京セラの太陽光発電147kWの見積書なんですが、値引きできる項目を教えてください。

Q
お客様からのご質問

すみません急いでいます。
中村さんのニュースを読まさせて貰っています。

ソーラーパートナーズさんからの紹介で下記の見積もりが来ました。
自宅に来てくださり話が進んでいますが、不安もあります。

調整区域の山林でその中の三筆に、それぞれ低圧50kWを作りたいと見積もりを取りました。
土地の造成はこちらですることになりました。

項目内容はこれでいいのでしょうか?
必要な商品と値段は妥当なのでしょうか?
素人の私には、これが正しいのか分かりません。
勝手な事で申し訳ないのですが、お安くなる箇所を指摘して欲しいのです。

京セラ 太陽光発電システム 147KW
項目 型式 数量 単価 金額
太陽光パネル KJ190P-3Cj2CE 7774 79,800 61,765,200
パワコン KP55M-J4-KC 24台 560 13,440,000
パワコン操作ユニット KP-SW1-KC 6式 オープン  
通信ケーブル   5m 21式 オープン
通信ケーブル   30m 6式 オープン
接続ケーブル   100式 6,600  
架台 3段2列10° 1式 11,854,720 11,854,720
全量電力計   3式 15,000 45,000
設備工事費   1式 5,148,500 5,148,500
電気工事費   1式 1,075,000 1,075,000
現場管理費   1式 50,000 50,000
中部電力申請費   1式 50,000 50,000
諸経費   1式 50,000 50,000
スパイラル基礎工事   1式 3,096,000 3,096,000
災害保証        
中部電力工事       実費
小計       103,426,420
消費税       5,171,321
総合計       108,597,741
商品、施工費   1式   103,426,420
値引       -52,950,230
小計       50,476,190
総合計       53,000,000
A
ソーラーアドバイザーからの回答
回答者
中村雄介

ご質問ありがとうございます。
「京セラの太陽光発電147kWが5300万円の見積りが出ているが値段は妥当か?」とのご質問ですね。
商品としては抜け漏れはないと思います。
価格も妥当であると思います。

正直各項目の金額の多寡はわかりません。
どこに利益を分配しているかは各会社の見積書の書き方次第だからです。

京セラのパネルを使っていますので、当然ここを中国メーカーに変更すれば金額は下がります。
またスパイラル基礎工事とありますのでおそらくスクリュー杭を使っていると思われますからここを安価な工法に変えれば下がります。
ただ現在の提案金額が投資に見合わない程高いのであれば考える必要も出てくると思いますが、より安全な方の提案をされた上でこの金額であればわざわざリスクが高いほうに変更する必要はないのではと感じます。

10kW以上の太陽光発電システムは20年間保有の超長期投資商品です。

個人的な意見としては多少の直近の利回りを犠牲にしてでも、長期安全性を確保した方が結果的には収益は多くなると考えています。

価格交渉は最後は人対人ですのでお願いしてみてください。

ソーラーパートナーズ
閉じる
ソーラーパートナーズ独自の取組