もしハンファQセルズが倒産し、救済企業が現れないとメーカー保証はどうなりますか?

Q
お客様からのご質問

Qセルズ(ハンファQセルズジャパン株式会社)では、「出力保証25年」を謳っています。
万が一、倒産後、事業を引き受ける企業が現れずに完全消滅しても、この保証は継続されるのでしょうか。
このQセルズの保証の信用性について具体的に教えていただきたいです。
この保証には、保険会社はついているのでしょうか。
※例えばカナディアンソーラーなら概要が記載されていたのですが。

その場合、パネルメーカー側が保険会社に対して、保険料を支払っていると思いますが、
この保証のための保険料は、すでに現時点から25年分を先払いしていて保証が確実に履行されるのでしょうか?

既に先払いで保険料を支払い済みであれば、パネルメーカーが倒産した場合でも、保険会社がパネルの出力を保証してくれるでしょうが、そうでなければ、経営悪化や倒産の際、保険料不払いで保険会社の保証を受けられないということになりかねないのではないでしょうか?

産業用につき、メーカーの出力保証は今後20~25年間は必要としますので、検討にあたり心配しています。
恐れ入りますが、よろしくお願いいたします。

A
ソーラーアドバイザーからの回答
回答者
中村雄介

ご質問ありがとうございます。
「もしメーカーが倒産し、救済企業が現れないとメーカー保証はどうなりますか?」とのご質問ですね。
ご指摘の通り原則はメーカーが倒産の際にはメーカーがうたっている保証は経営悪化や倒産の際、保険料不払いで保険会社の保証を受けられないということになると思います。

再保険等で対応しているかどうかの各メーカー毎の実情は、現在当社としても把握をしておりません。
とある中国メーカーではカナディアンソーラーと同様の措置をメガソーラークラスでは行っているという事があったりというのは存じ上げていますが各メーカーの把握はできておりません。
ちょうどこれから太陽光発電の専門誌「ソルビスト」が同種の調査を各メーカーに行うという情報が入りましたのでそちらに注目したいと思っています。

ソーラーパートナーズ
閉じる
ソーラーパートナーズ独自の取組