ソーラーパートナーズ
ソーラーパートナーズ独自の取組
ソーラーパートナーズ独自の取組

太陽光エコナビシステムの評価は?

Q
お客様からのご質問

パネル各社の発電モニターの機能比較していく過程で「太陽光エコナビシステム」にすれば無用の長物になることを知りました。
質問は
・「太陽光エコナビシステム」の評価、総所有コスト、普及度は?
・ソーラーパートナーズさん登録業者さんは「太陽光エコナビシステム」導入が可能な業者さんでしょうか?

A
ソーラーアドバイザーからの回答
回答者
中村雄介

太陽光エコナビシステムは太陽光発電システムで発電したグリーン電力をパソコンや携帯電話で「見える化」したり、「エコナビポイント化」するシステムです。
利用にあたっては、エコナビシステムの取扱いのある販売会社からのご購入が必要となります。初期費用としてシステム機器の購入が必要となり、導入費用は各販売店によって変わります。10年ごとのメーター交換(条件によりますが約6万程度)が必要となる他は定期的にかかる費用はございません。
システム機器に不具合が起こらない限り自動的に自家消費電力の現金還元(1kWh=10円)と売電のエコポイント還元(1kWh=5.5ポイント)を受けることが可能です。現時点では、太陽光エコナビシステムの普及率については公表されていない状況です。各都道府県・市区町村の補助金申請の条件として、付加価値エネルギー権の譲渡がある場合、一定の期間、太陽光エコナビシステムによる現金還元を受けることはできません。
現在普及が進んでいる段階ですので、評価をすることは難しいですが、今後グリーン電力証書を現金化してメリットを得る取り組みは徐々に増えていく可能性はあるかと思います。
太陽光発電システムによって
・電気代の節約
・余剰電力の売電
・グリーン電力を必要とする企業や自治体へ環境価値を売ること
以上の3つのメリットを得ることができ、3つ目のメリットの制度は今後より明確に確立されていくことになるのではないかと思われます。
ソーラーパートナーズ認定登録企業での設置が可能かどうかに関しては、地域によっても異なりますので、個別にご相談ください。