長州産業の太陽光発電CS-215B1×16枚で190万円は高いでしょうか?

youngman お客様からのご質問

訪問販売の方が来られ、長州産業のCS-215B1を勧められました。
SANYOの製品と一緒と言われていました。長州産業のホームページを見ると新しい商品がでているようですが、この商品は型遅れなのでしょうか。

ソーラーアドバイザー中村の写真 ソーラーアドバイザー 中村雄介からの回答

長州産業CS-215B1が16枚ということですので、システム容量は3.44kWですね。こちらが190万円ということですので、1kWあたりの単価は552,326円となります。仮にこれが消費税抜きの価格だとすると、概ね相場価格の範囲内と言えるでしょう。
ただし、CS-215B1は長州産業のオリジナル製品であり、SANYOの製品ではありません。長州産業では確かにSANYOのHIT太陽電池モジュールをOEM販売していますが、それは別の製品シリーズです。CS-215B1をSANYO製品と偽って販売する悪質な会社も多いので、充分ご注意ください。ちなみに、長州産業のオリジナル製品の中では、CS-215B1は現時点で最新のモデルです。


 

非公開マル秘メーカーランキング表は、インターネット上に掲載できる内容ではないため、 見積り依頼を頂いた方限定でお渡ししています。
あらかじめ、ご容赦ください。

見積り依頼はこちら

わずか1分!しかも無料見積り依頼
郵便番号と設置場所を選ぶだけ!

1分で入力完了!見積り依頼 (無料)

ステップ1 郵便番号を入力してください必須

※郵便番号がわからない場合はこちら

ステップ2 設置場所を選んでください必須

人気記事ランキング

(2019年4月19日更新)

2019年 要チェック記事

殿堂入り人気記事

お客様の声

お客様の声をもっと見る »

太陽光発電のキホン

記事をもっと見る »

メーカーインタビュー

もっと見る »

太陽光発電の今を知る

コラムをもっと見る »

太陽光発電の導入成功ガイド

導入成功ガイドをもっと見る »

太陽光発電のトラブル事例

トラブル事例をもっと見る »

太陽光発電の価格を相談する

価格相談をもっと見る »

太陽光発電の専門家に聞く
(プロが答えるQ&A)

Q&Aをもっと見る »

ソーラーパートナーズ独自の取組

お問い合わせ

マンガでわかる太陽光発電