台湾製アブリテックの太陽光発電が10.26kWで400万円の価格は妥当ですか?

Taiwanese Flag

youngman お客様からのご質問

自宅屋根に台湾のアブリテック製パネル10.26kW設置で約400万円の見積もりが出ました。

アブリテックはネットで相場等の情報が非常に少なく、不安です。

台湾メーカーは国内メーカーより安いイメージなのですが、同程度の価格であるこの見積もりは妥当なのでしょうか?

(パネルは公称最大出力285W、基準変換効率19.9%でスペックは高いようです)

norihisa-kofuji.gif ソーラーアドバイザー小藤矩久からの回答

ご質問ありがとうございます。
「台湾製アブリテックの太陽光発電が10.26kWで400万円の価格は妥当ですか?」
とのご質問ですね。

屋根への設置で特殊性の無い条件でしたら、高い価格です。
効率の一番高い部類のパネルで有ればこのくらいの価格帯でも問題ないですが、海外メーカーのパネルで若干変換効率が落ちますので、20万円~30万円くらいはお安くなると思います。

住宅用でアブリテックのお話が出ることが少ないものですから、その他台湾メーカーなどで同性能のパネルと比較して回答させていただきます。

まず、アブリテック285Wのパネルの性能についてです。
基準変換効率19.9%との事ですが、基準変換効率とは太陽光発電協会(JPEA)が定めている値で、セル変換効率のことです。
一般的に変換効率というとをモジュール変換効率のことを指します。

モジュール変換効率を計算すると18.0%でした。
海外メーカーの中では性能良い方だと思いますが、同じ価格なら国内メーカーで設置できると思いますので、価格交渉をするか他のメーカーにも目を向けていただくべきかと思います。

これから太陽光発電を検討される方皆様にきちんと認識していただきたいのですが、「セル変換効率」と「モジュール変換効率」は別の物です。
どちらかに揃えないと比較ができません。
セル変換効率>モジュール変換効率、になるのでA社のセル変換効率とB社のモジュール変換効率を比較するような事の無いように注意してください。
変換効率の詳細や計算方法については、下記を参照していただければと思います。
用語集:変換効率


見積り依頼はこちら

わずか1分!しかも無料見積り依頼
郵便番号と設置場所を選ぶだけ!

1分で入力完了!見積り依頼 (無料)

ステップ1 郵便番号を入力してください必須

※郵便番号がわからない場合はこちら

ステップ2 希望商材を選んでください必須

見積もり依頼で相場価格表プレゼント!