長州産業の太陽光発電CS-N244SJ03が1.952kWで94.8万円は妥当ですか?

Reflexiones by Serge Saint, on Flickr>

youngman お客様からのご質問

訪問販売にて長州産業のCS-N244SJ03で1.952kWを足場なしの取り付けで¥1,832,960が値引きされて税込¥948,672で契約してしまいました。
高いようであればクーリングオフしたいのですが、この価格は適正でしょうか?
どうぞよろしくご教授願います。

norihisa-kofuji.gif ソーラーアドバイザー小藤矩久からの回答

ご質問ありがとうございます。
「長州産業CS-N244SJ03のパネルで1.952kWで94.8万円が適正かどうか」についてのご質問ですね。

合計金額をシステム容量で割ったkW単価は48.6万円ですね。
標準的な施工でしたら、価格面でいうとお安いです。
よく目にする相場のkW単価が40万円あるいは30万円台後半ぐらいではないかとおもいますので、2kW弱の容量ですので適正価格です、ご安心ください。

適正価格である根拠は以下の通りです。
まず、太陽光発電システムの価格ですが、主に「部材代・工事代・諸経費」で構成されています。
パネルの枚数が少ないと、部材代が下がり、相対的に工事代の割合が高くなリます。
工事代は人件費ですから、容量に応じては下がりにくい物なのでkW単価が上がる、という構造です。

なお、今回の価格はちょっと安すぎるかもしれませんので、きちんと工事をしてもらえるかきちんとチェックしましょう。

価格に関しては適正価格ですが、2kWを下回る容量ですから採算性の面が不安です。

  • 購入価格のうち、工事代金の占める割合が大きいことにより割高になっている
  • 余剰電力買取制度のため、折角高く設定されている売電価格の恩恵を受けにくい

の2点で不安を覚えます。

まず確認していただきたいのは、
「容量をこれ以上増やす事は難しいのか」です。

その上で、

  • もし容量を増やすことができるのに1kW台なのであれば、訪問販売の会社になぜ1.952kWで提案しているか理由を聞く
  • もし容量を増やすことが難しければ、とにかく「本当に採算性が合うのか」を確認

という流れで進めていただければと思います。

もし訪問販売の会社のみでは判断が出来ないと感じたら(今回でしたら既にそう感じられているのではないかと思いますが)、他の会社にもお話を聞いて判断してください。
その上で今回のケースでしたら、一度クーリングオフをして時間的猶予を得る事をお考えになってもいいのではないかと思います。


見積り依頼はこちら

わずか1分!しかも無料見積り依頼
郵便番号と設置場所を選ぶだけ!

1分で入力完了!見積り依頼 (無料)

ステップ1 郵便番号を入力してください必須

※郵便番号がわからない場合はこちら

ステップ2 希望商材を選んでください必須

見積もり依頼で相場価格表プレゼント!