パナソニックの太陽光発電7.32kWが333万円は妥当ですか?

Price of Houses in the UK by Images Money, on Flickr

youngman お客様からのご質問

屋根、スレート、南向き、片流れ
長州産業パナソニックhit244
30枚7.32kW

内訳モジュール2,230,000
パワコン2.7kW130,000
5.5kW230,000
接続箱20,000
カラーモニター、モニター設置費用50,000
架台160,000
工事費340,000
税込3,412,800
補助金80,000実質3,332,800

保証内容
モジュール20年、構成機器15年
施工10年自然災害30年

よろしくお願いいたします。

norihisa-kofuji.gif ソーラーアドバイザー小藤矩久からの回答

ご質問ありがとうございます。
「パナソニックHIT244W30枚7.32kWの価格の妥当性」についてのご質問ですね。

仮に税込で計算しても、規模が大きい割に割高です。

Q&Aのコーナーでは度々登場します「kW単価」を計算してみましょう。
3,332,800円を容量7.32kW(kW数ともいいます)で割り算しますと、kW単価は455,300円になります。
なお今回の条件ですと、kW単価は39~41万円が相場です。

kW単価41万円とすると、約300万円になりますので、30万円くらいは安くなってしかるべきかと思います。
足場が15万円としても差引15万円くらいは安くなりそうですね。

なお、気になる点が1点ございます。
それは、「自然災害補償が30年」という点です。
長州産業やパナソニックでは自然災害補償の期間は10年もしくは15年かと思いますので、販売会社さんが自社でご用意されているサービスなのでしょうか。

期間が30年という事ですから魅力的なサービスかとは思いますが、注意して頂きたいポイントがございます。
それは、「どの会社が自然災害補償のサービスを行っているのか」というポイントです。
自然災害補償の主体が大手のパネルメーカーであったり、企業規模の大きな会社であれば30年間企業が存続する事は疑う余地はないかもしれません。
ただ、何かしら自然災害によって損害を受けたとしても、当然会社が存続していなければ補償してはもらえません。
小規模の会社の場合には、30年の自然災害補償も形骸化しかねません。

太陽光発電の業者の中には、「メンテナンスは無償で何回でも行う」などと到底できっこない事を営業トークとして用いる会社もいます。
いい話だと思って契約しても、後で泣きを見るのは消費者の方です。
今一度、「30年保証してくれる、と言っているが価値のあることなのだろうか?」を確認していただければと思います。
直接営業マンの方にご質問していただくのもいいですし、もしご不安でしたらお電話で詳細伺った上でアドバイスいたしますので登録フォームよりご登録下さい。


見積り依頼はこちら

わずか1分!しかも無料見積り依頼
郵便番号と設置場所を選ぶだけ!

1分で入力完了!見積り依頼 (無料)

ステップ1 郵便番号を入力してください必須

※郵便番号がわからない場合はこちら

ステップ2 希望商材を選んでください必須

見積もり依頼で相場価格表プレゼント!