ソーラーパートナーズ

ソーラーパートナーズ独自の取組

太陽光発電を10kW以上に増設した場合の買い取り価格について

Q
お客様からのご質問

太陽光発電の増設についてご質問です。
2013年3月までに設備認定及び電力会社の系統連系申し込みが完了し、2013年の5月に設置工事完了し42円での売電(余剰)が始まりました。
今年度中に増設した場合の買い取り価格についてご回答をお願いいたします。

ケース1:5月の設置分が6kWで増設後10kW以上となるケース
ケース2:5月の設置分が12kWで増設後20kWとなるケース
いわゆる買い取り区分をまたいだケースとそうでないケースです。
よろしくお願いたします。

A
ソーラーアドバイザーからの回答
回答者
中村雄介

ご質問有難うございます。
「2013年5月の設置分が6kwの場合と12kwの場合で、増設後20kWにする場合の買取制度と買取期間はどうなるか?」とのご質問ですね。

ケース1の場合は、買取価格42円(税込)、余剰買取、買取期間20年となります。
ケース2の場合は、買取価格42円(40円+税)、全量買取、買取期間20年となります。

今回は2013年3月に設備認定、電力会社への系取連系申込みが完了しておりますので上記のようになりますが、太陽光発電システムを10kW以上へ増設した場合の売電単価は最初の太陽光発電システムを設置した時期によって変わってきます。
また同じく買取期間も同様に最初の設置時期によって10年のままか20年に変更になるか変わってきます。

よろしければ以下の質問への回答に詳しく書いていますので参考に見て頂きますようお願い致します。

太陽光発電の増設は10年目にした方がいいような気がします。いかがでしょうか?
http://www.solar-partners.jp/faq/archives/3339