ソーラーパートナーズ

ソーラーパートナーズ独自の取組

9月24日の「太陽光発電を増設して野立てと屋根で10kWを超えた場合」について質問です。

Q
お客様からのご質問

中村雄介様

9月24日の回答を見ました。

関連記事
太陽光発電を増設して野立てと屋根で10kWを超えた場合

現在6kwで同一敷地、分電盤であれば10kw以上になれば、10年間の余剰電力が20年間に変更できるとのことですが、6kwの設置時期と、設備申請の時期は、関係ないのでしょうか?
昨年7月に設置、今年10月に増設して、10kw以上にしようと思っていますが、昨年設置分の設備認定が5月のため難しいと、JPEAの返答ですが。
よろしくお願いします。

A
ソーラーアドバイザーからの回答
回答者
中村雄介

ご質問有難うございます。
「増設して買取期間は10年になりますか?」
とのご質問ですね。

太陽光発電の増設の場合は最初の設置がいつなのかで条件が変わってしまいます。
よろしければ以下の質問への回答も参考に見てください。
太陽光発電を増設すると売電価格・売電期間・補助金はどうなりますか?»

結論として残念ながら期間は20年に増えることはありません。
平成24年(2012年)7月に今の全量買取制度がスタートしております。
昨年7月設置といえども、電力会社への申請が7月以前に行われておりますので、その時の10kW以上の条件(買取価格40円買取期間10年)になってしまいます。