ソーラーパートナーズ

ソーラーパートナーズ独自の取組

  • 太陽光発電
  • »
  • 売電
  • »
  • 売電価格にプレミアム価格を載せた売電事業にはすぐ応じたほうがお得でしょうか

売電価格にプレミアム価格を載せた売電事業にはすぐ応じたほうがお得でしょうか

Q
お客様からのご質問

2016年に予定されている電力の小売完全自由化に合わせて、固定価格にプレミアム価格(+1円/kWh)を乗せての買取が行なわれていますが、この買取価格は今後どのような動きが予想されますか?

既に発電している方は、ただちに応募したほうか良いのでしょうか?
もし今後プレミアムがさらに増額されるようであれば、しばらく静観することもありかなと思っています。

このプレミアム買取に応じた場合のデメリットや注意点を教えてください。

A
ソーラーアドバイザーからの回答
norihisa-kofuji.gif
回答者
小藤矩久

ご質問ありがとうございます。
「売電価格にプレミアム価格を載せた売電事業にはすぐ応じたほうが得か」というご質問ですね。
作った電気は、出来るだけ高く売りたいもの。
今後、より高いプレミアム価格が登場する可能性もゼロではないだけに、こうした売電事業に応じるベストのタイミングはいつなのか、気になりますよね。

結論から申しますと、あくまでタイミングの話ならば、すぐに応じるのも良いように思います
今後、より高いプレミアム価格を設定する企業が続々とあらわれたり、現在プレミアム買い取りを行っている企業が、将来プレミアム価格を更に引き上げることは考えにくいですからです。

こういった電力事業を運営するのは容易ではありません。
無論費用も掛かりますし、蓄電池や調整電源としての別電源も必要となります。
また、固定価格に上乗せするプレミアム価格を高く設定すればするほど、企業側の利益は減ります。
よって、企業側がいたずらにこのような事業に参入したり、過度に高い買い取り価格を設定したり、ということはあまりないと思われます。

ですので、電力会社より高く買い取ってくれる企業があるならば、今それに応じてしまうのも十分ありだとわたしは思います。

もちろん注意すべき点もあります。

今電力会社に電気を売っている方は、より高く買ってくれる企業があれば、自然とそちらに売りたくなると思います。
ですが、誰でも電気を買い取って貰えるわけではありません。
企業側が定める買い取り対象は限定的です。
例えば、パナソニックの場合、あくまで家庭用太陽光の余剰電力を買い取るといっているため、野立てで大規模な発電設備を持っている方は、電気を買ってもらえないようです。
一方エリナスという企業では、個人法人問わず10kW以上の全量売電の方を対象にしています。

プレミアム買い取りを利用しようと考えている方は、自分の発電容量が買い取りの対象となっているかどうか、確認してほしいと思います。

加えて、プレミアム買い取りは、「固定価格+プレミアム価格」という固定価格ありきのものなので、あくまで固定価格で買い取ってくれる期間中のみの適応になる可能性があることも注意すべきことです。

よろしければ、以前にプレミアム買い取りについて書いたコラムがあるので、お読みいただければと思います。
太陽光発電の売電価格が上がる?パナソニックとエプコが売電事業を開始 »

\ あなたが検討しているのはどっち? /
あなたが検討しているのはどっち?