ソーラーパートナーズ

ソーラーパートナーズ独自の取組

  • 太陽光発電
  • »
  • 売電
  • »
  • 新築で設計の段階で太陽光発電を契約したのですがその後設置容量が変更になった場合どうするべきですか

新築で設計の段階で太陽光発電を契約したのですがその後設置容量が変更になった場合どうするべきですか

Q
お客様からのご質問

新築の設計ができた段階で太陽光の契約をしたのですが、設計の変更があり契約した屋根の大きさは確保できない状況になりました。

こうゆう場合はどうしたらいいでしょか?アドバイスお願いします。

A
ソーラーアドバイザーからの回答
taichi-orihara.gif
回答者
折原太一

ご質問ありがとうございます。
「新築で設計の段階で太陽光発電を契約したのですがその後設置容量が変更になった場合どうするべきですか?」というご質問ですね。
「設計変更により設置できないパネルを買わされてしまうのでは?」とご不安を感じるかもしれません。

結論から申しますと、正しい容量で太陽光発電を再契約をするのが一般的です。

設計変更があったということなので、察するにまだ新築の完成まではお時間があるかと思います。

完成まで時間がある場合は、まだ太陽光発電の業者さんが発注をかけていないと思うので、設計変更後の正しい枚数で再契約し、その後に発注する流れになるでしょう。

ただ完成間近に施主様都合で急な設計変更をした場合は、既に太陽光の会社が商品を発注している可能性があります。
既に発注をしてしまっている場合は、基本的にキャンセルはできません

良心的な会社ですと設置できずに余ってしまったパネルが汎用性のあるものに限り、買い取ってくれることもあります。
ただ基本的には発注後のキャンセルはきかないものだと認識して頂いた方が宜しいです。

いずれにしても設計変更があった場合はすぐに太陽光の販売店に問い合わせることをオススメします。

他にも、こんなお悩みはありませんか?
  • 太陽光発電ってどうやって選べばいいの?
  • この見積りは妥当な値段なの?
  • 結局どのメーカーがいいの?
  • 本当に契約しても大丈夫?
  • ○○と△△はどっちがお得なの?
このようなお悩みがありましたら、お気軽にソーラーパートナーズにご相談ください。
※お見積りではなくても、随時ご相談を承っております。
お急ぎでしたら電話(無料)でどうぞ!
受付時間
10:00~20:30
土日祝日OK
受付時間:10:00~20:30 土日祝日OK
電話番号をタップすると電話をかけられます。

NHKの取材を受けました

NHK放送画像2

NHKの取材を受け、太陽光発電の専門家として太陽光発電選びのポイントなどを説明しました。
全国の設置検討中の方から寄せられるご相談に電話で回答する様子も放送されました。

取材の様子はこちら »

フジテレビ『とくダネ』で紹介されました

フジテレビとくダネ放送画像

フジテレビ『とくダネ』で、ソーラーパートナーズの『太陽光発電 契約時の注意点』が紹介されました。

番組の内容はこちら »

太陽光発電 契約時の注意点

以下にあてはまる場合は注意が必要です。

  • 値段:相場と比べて異常に安い・高い
  • 施工業者:書面を残さない、契約を焦っている
  • 前金で全額を支払わない
太陽光発電に詳しい別の業者のセカンドオピニオンを持つことが重要
依頼件数ランキング1位

太陽光を検討する方は必ずご利用頂いています


\ あなたが検討しているのはどっち? /
あなたが検討しているのはどっち?