東芝200Wの太陽光パネルはバックコンタクト方式なのでしょうか?

youngman お客様からのご質問

東芝の200Wタイプの提案をうけています。
200Wタイプもバックコンタクト方式なのでしょうか?

hiroki-saito.gif ソーラーアドバイザー齋藤宏樹からの回答

ご質問ありがとうございます。
「東芝200Wのパネルはバックコンタクト方式か?」というご質問ですね。

東芝200Wはバックコンタクト方式ではありません。
東芝250W(サンパワー社製)のみバックコンタクト方式となります。

バックコンタクトとは、太陽電池セルの種類の一つです。
通常、太陽電池セルの受光面にある電極を裏面に配置することで受光面積を増やし、変換効率を改善したものになります。
変換効率が改善されるため太陽光パネル1枚当たりの出力大きくなることがメリットですが、コストがかかることがデメリットです。

東芝の200Wを提案されていますので産業用(10kW以上)の提案という前提でお話しさせていただきますと、東芝200Wは単結晶シリコンの太陽光パネルで中国製でコストを抑えたパネルです。
十分な設置容量を確保できるという事であれば、良い選択だと思います。

逆に住宅用(10kW未満)で十分な設置容量を確保できるわけではないのであれば、東芝250Wなどを使って設置容量を増やす必要があると思います。

マンガでわかる!
ソーラーパートナーズが利用されている理由


見積り依頼はこちら

わずか1分!しかも無料見積り依頼
郵便番号と設置場所を選ぶだけ!

1分で入力完了!見積り依頼 (無料)

ステップ1 郵便番号を入力してください必須

※郵便番号がわからない場合はこちら

ステップ2 希望商材を選んでください必須

見積もり依頼で相場価格表プレゼント!

2019年 要チェック記事

殿堂入り人気記事

お客様の声

お客様の声をもっと見る »

太陽光発電のキホン

記事をもっと見る »

メーカーインタビュー

もっと見る »

太陽光発電の今を知る

コラムをもっと見る »

太陽光発電の導入成功ガイド

導入成功ガイドをもっと見る »

太陽光発電のトラブル事例

トラブル事例をもっと見る »

太陽光発電の価格を相談する

価格相談をもっと見る »

太陽光発電の専門家に聞く
(プロが答えるQ&A)

Q&Aをもっと見る »

ソーラーパートナーズ独自の取組

お問い合わせ

マンガでわかる太陽光発電