ソーラーパートナーズ

ソーラーパートナーズ独自の取組

  • 太陽光発電
  • »
  • 売電
  • »
  • 10kW以上の場合、電気契約の基本料金を含め全量買取と余剰買取はどちらがお得ですか?

10kW以上の場合、電気契約の基本料金を含め全量買取と余剰買取はどちらがお得ですか?

Q
お客様からのご質問

いつもメールマガジンを拝見させて頂いております。

知人が太陽光発電を考えていて、業者から10kW以上を勧められています。
家庭用太陽光発電の10kW以上の場合は余剰買取りと全量買取りではどちらが得ですか

東電に一応聞いてみたら基本料金は余剰買取りの場合は売電の関係で太陽光発電10KWのため最低120Aと言われ月辺り約円3500です。
全量買取りの場合は売電と受電の別系統になり受電は、基本料金は任意で例えば60Aにすると約1700円です。
但しバワコンの定額料金が1台辺り250円程度別途にかかる、と説明されたそうです。

基本料金の差では全量買取りにした方が安いと思うのですが、その他必要な金額を比較するのは判らないので教えて下さい。
宜しくお願いします。

A
ソーラーアドバイザーからの回答
回答者
中村雄介

いつもメルマガご覧になって頂いているとの事、ありがとうございます。
「10kW以上の場合、電気契約の基本料金を含め全量買取と余剰買取はどちらが得か?」とのご質問ですね。
いきなり「全量買取と余剰買取のどちらも選べます」と言われてもわからないですよね。

何を目的として太陽光発電システムを導入するかという視点が加わるとまた話が変わってくるのですが、今回のご質問はあくまでどちらの方がお金の面でメリットが多いかという事で話を進めたいと思います。

結論から言いますと日中の電気使用量が0でない限りは全量買取の方が良いです。
ご存知の通り余剰買取は余った分だけ高く買い取りますという仕組みですので、全部を高く買ってもらえる全量の方が良いです。
また確定申告の問題もございます。
詳しい計算方法などは以前別の回答で書いていますのでこちらを見て頂きたいのですが、
10kWギリギリであれば全量買取の方が確定申告をしなくて済む可能性が高いと思います。

確定申告についての以前の回答はこちら。
太陽光発電を増設の際のデメリットと確定申告について教えて下さい。»

余剰買取の方を選択する方がよい点として、自治体によっては10kW以上でも全量買取ではなく余剰買取の場合のみ補助金が出るところがありますのでその点は確認して頂いた方がよいかもしれません。

\ あなたが検討しているのはどっち? /
あなたが検討しているのはどっち?