ソーラーパートナーズ

ソーラーパートナーズ独自の取組

太陽光発電を増設する事で、補助金を受けつつ売電期間20年を確保する事はできますか?

Q
お客様からのご質問

まだメーカーの選定を決めていないのですが、一応シャープで話を進めています

質問としては
シャープ195の単結晶を目一杯取り付けると52枚となり10kwを越してしまいます。
10kwを越すと全量になってしまい補助金も貰えない様です。
聞くところによると、余剰でも増設10kw以上で20年確保出来るようですので
195kのモジュールを51枚取り付けて余剰と補助金確保の上で、もう1枚追加して10kwにしたいと業者に提案しましたが、
増設の時はパワコンと一緒で無ければ許可が下りないと言われました。

もし、10kw20年を諦めなければならないなら、
せめてモジュールを52枚でパワコンを5.5kwと4kwにしたらどうかと思ったのですが、
業者は46枚9kw弱でパワコン4kw2台の方が電圧制御も起き難いので、あまり増やさないほうが良いと言います

正直20年は欲しいのですがどうなのでしょうか?
電圧制御の意味もよく判りません

A
ソーラーアドバイザーからの回答
回答者
中村雄介

ご質問有難うございます。
「太陽光発電を増設する事で、補助金を受けつつ売電期間20年を確保する事はできますか?」とのご質問ですね。

増設の際にパワコンと一緒でなければ許可が下りないという話は聞いた事がありません。
ですので、10kW未満の太陽光発電システムで設置をして補助金をもらってから、増設を行い10kW以上になったから期間が20年に延長というのはあり得る話だと思います。
実際に行われているケースもございます。

弊社のソーラーアドバイザーブログ記事太陽光発電を増設して10kW以上になったら補助金を返す必要がありますか?にて、補助金の変換義務につきまして取り上げておりますので、ご参照下さい。

ただあり得る話としては、今回1枚だけの追加ですので電力会社や資源エネルギー庁の話ではなく、メーカーが出荷を嫌がるというケースはあるかもしれませんので、その点をもってパワコンと一緒でなければ許可が下りないと仰っているのかもしれません。
保証申請等はシステム一式で登録を致しますのでその規定ルートから外れるので許可しないという事はその処理の煩雑さから起こりうる事であると思います。

最後の電圧抑制については、パネルとパワコンの容量の話ではないので何か別の話との混同であると思われます。

\ あなたが検討しているのはどっち? /
あなたが検討しているのはどっち?