ソーラーパートナーズ

ソーラーパートナーズ独自の取組

折板鋼板屋根に太陽光発電53.04kWが1770万円という提案が出ていますが、見積り金額は妥当ですか?

Q
お客様からのご質問

非常用電源(コンセント9か所)として低圧(53.04kW)の見積しました。
モジュールはシャープ(ND-195CA)272枚、パワコン9台です。

設置箇所は、折板鋼板屋根に屋根勾配合わせの平置きです。

見積もり額は、すべて15年保証付きで1770万円(設置費1750万円)でした。
(補修交換費目安、設置コストの1%)
(保険料の目安、    〃   0.2%)
電力会社のトランス設置費は、別途必要

A
ソーラーアドバイザーからの回答
norihisa-kofuji.gif
回答者
小藤矩久

ご質問ありがとうございます。
「折板合板屋根に53.04kWで1770万円という見積り価格は妥当かどうか?」とのご質問ですね。

結論から申し上げますと、安めの価格帯です。
シャープのND-195CAというと多結晶のモジュールですので皆様相当お安くなるとご期待されるのですが、それでも相場価格から考えますと安い価格です。
これくらいの価格であれば、初期投資の回収もかなり早くに完了するのではないでしょうか。

仮に今年度(平成26年度)に設備認定されたとしまして、年間の発電量を1kWあたり1000kWhとすると、年間の売電収入が
53.04kW×1000kWh/kW×34.56円/kWh=1,833,062円
です。

初期費用が1770万円ということでしたので、9.6年で初期投資が回収できます。

トランスの設置費用を計上しておりませんのでなんともわかりませんが、年間の発電量を1kWあたり1000kWhというのも低めに試算していますので、実際は更に回収年数が下がることが見込まれます。

はっきり言って価格に関しては申し分ないでしょう。
あとは、工事の部分会社さんの対応などでご納得が行くかどうか、というところが重要になってくるのではないでしょうか。

規模としては事務所・工場もしくは倉庫への設置なのではないかと推測します。
どんな条件なのか定かではありませんが、大事な建物で雨漏りがあってはいけません。
工事の品質が確かで、20年30年とお付き合いのできるイメージできる会社さんとご契約ができればいいと思います。