20年後の太陽光発電の買取価格はどうなりますか?

youngman お客様からのご質問

ある講演会で、環境専門の講師が、「20年後の太陽光発電の余剰電力の買い取り価格がkWhあたり7〜8円になるだろう、」と言いました。
この価格の見通しはどうなのでしょうか?

2019年の売電価格に関する情報はこちら solar-partners.jp

ソーラーアドバイザー中村の写真 ソーラーアドバイザー 中村雄介からの回答

20年先の話ですから「正直なところ、わかりません」というのが回答になってしまうのですが、それではあまりに無責任ですので、予測の話をさせていただきます。

固定価格買取制度が始まる前の太陽光発電の売電価格は、買電と売電の価格が同額でした。
ですので以前と同じ状態に戻るのではと考えています。

つまり「20年後も買電と売電の価格が同額になるのではないか」と考えています。

仮に、kWhあたり7~8円という事は、現在の平均買電価格25円と比べても大幅に安い
金額ですので、あまり考えにくい数字であるなとは思います。

マンガでわかる!
ソーラーパートナーズが利用されている理由


 

非公開マル秘メーカーランキング表は、インターネット上に掲載できる内容ではないため、 見積り依頼を頂いた方限定でお渡ししています。
あらかじめ、ご容赦ください。

見積り依頼はこちら

わずか1分!しかも無料見積り依頼
郵便番号と設置場所を選ぶだけ!

1分で入力完了!見積り依頼 (無料)

ステップ1 郵便番号を入力してください必須

ステップ2 設置場所を選んでください必須

人気記事ランキング

(2019年4月19日更新)

2019年 要チェック記事

殿堂入り人気記事

お客様の声

お客様の声をもっと見る »

太陽光発電のキホン

記事をもっと見る »

メーカーインタビュー

もっと見る »

太陽光発電の今を知る

コラムをもっと見る »

太陽光発電の導入成功ガイド

導入成功ガイドをもっと見る »

太陽光発電のトラブル事例

トラブル事例をもっと見る »

太陽光発電の価格を相談する

価格相談をもっと見る »

太陽光発電の専門家に聞く
(プロが答えるQ&A)

Q&Aをもっと見る »

ソーラーパートナーズ独自の取組

お問い合わせ

マンガでわかる太陽光発電