ソーラーパートナーズ

ソーラーパートナーズ独自の取組

  • 太陽光発電
  • »
  • 売電
  • »
  • 3月12日に発表された平成25年度調達価格(売電価格)及び調達期間について

3月12日に発表された平成25年度調達価格(売電価格)及び調達期間について

Q
お客様からのご質問

 いよいよ経済産業省より「平成25年度調達価格及び調達期間についての調達価格等算定委員会案」が発表されました。
 24年度に駆け込み導入するより,この機会によく勉強して25年度中の導入を考えています。
 そこで,今回の発表を注目して待っていましたが,24年度との違いと,この発表値により25年度はどうなるのかをわかりやすく解説していただけないでしょうか。

経産省の資料ではいまいち分かりません。数字の裏側を「教えてソーラーアドバイザー!」

A
ソーラーアドバイザーからの回答
回答者
中村雄介

おそらくわかりにくいのは、10kW以上と10kW未満で税込表示と税抜表示がごちゃ混ぜになっている部分かと思います。

税込表示で統一して整理しますと以下の通りです。

平成24年度(今年度)の売電価格

  • 10kW未満 ・・・ 42円(税込)
  • 10kW以上 ・・・ 42円(税込)

平成25年度(来年度)の売電価格

  • 10kW未満 ・・・ 38円(税込)
  • 10kW以上 ・・・ 37.8円(税込)

簡単に言えばこれだけです。

今回10kW以上が37.8円という中途半端な数字になっている理由は税抜表示で考えるとよくわかります。

10kW以上の37.8円は現在の消費税率で計算すれば税抜36円です。ちなみに今の42円というのは税抜40円です。
つまり10kW以上は、今回4円下げた事になります。
10kW未満も税込42円から税込38円ですので4円下げた事になります。

ではなぜこんな紛らわしい事になっているかと言いますと、消費税率が変わった時に、10kW未満は固定ですが10kW以上は税率に対応して売電価格も変わるからです。

例えば、仮に将来、消費税率が10%に上がった場合、平成25年度に導入された方の売電価格は、
10kW未満は変わらず38円(税込)ですが
10kW以上は39.6円(税込)
に変更されます。

まとめ

平成25年度の太陽光発電の売電価格は

  • 10kW未満 ・・・ 38円(税込)
  • 10kW以上 ・・・ 37.8円(税込)

となりました。

納得がいくまでご検討いただければと思います。

\ あなたが検討しているのはどっち? /
あなたが検討しているのはどっち?