ソーラーパートナーズ

ソーラーパートナーズ独自の取組

ドイツの太陽光発電の売電制度は失敗だったのでしょうか。

Q
お客様からのご質問

全量買取、余剰買取ともに42円の方針が濃厚ですが、同じような買取制度を適用していたドイツでは、全量買取の廃止、余剰買取の金額減額という記事を読みました。

42円の買取価格は今の日本で適正なのでしょうか。
全量買取、余剰買取ともになぜこの高い買取価格になるのか教えてください。

A
ソーラーアドバイザーからの回答
回答者
中村雄介

ドイツでは余剰買取制度はなく、全量買取制度が運用されています。

この全量買取制度の買取価格が減額されていることは事実です。
ドイツで太陽光発電の買取価格が減額されたのは、ドイツ政府が目標としている導入量に達する見込みが出たためです。

したがって、買取価格が減額されていることをもって「失敗」と言ってしまうことはできないかと思います。

42円の買取価格が今の日本で適正なのかどうかは、どのような立場で判断するのかによっても変わってきますので、一概に判断することは難しいです。
そこで、ここではどのような経緯で今回の価格が決定したのかを解説させていただきたいと思います。

この買取制度は、「電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法」という法律がもとになっています。

この法律は、再生可能エネルギー源を利用することがエネルギーの安定供給や環境負荷の低減にとって重要なので、再生可能エネルギー源の利用を促進することで、日本の国際競争力の強化や産業振興、地域の活性化、国民経済の健全な発展に寄与することを目的にしています。

このような目的に合わせて、再生可能エネルギーにおける「通常要すると認められる費用」と「適正な利潤」をもとに、買取価格と買取期間が設定されています。
制度開始後3年間は、「例外的に、利潤に特に配慮する」と規定されていますので、42円という、かなり高いとも思われる買取価格が調達価格等算定委員会から提案されました。

他にも、こんなお悩みはありませんか?
  • 太陽光発電ってどうやって選べばいいの?
  • この見積りは妥当な値段なの?
  • 結局どのメーカーがいいの?
  • 本当に契約しても大丈夫?
  • ○○と△△はどっちがお得なの?
このようなお悩みがありましたら、お気軽にソーラーパートナーズにご相談ください。
※お見積りではなくても、随時ご相談を承っております。
お急ぎでしたら電話(無料)でどうぞ!
受付時間
10:00~20:30
土日祝日OK
受付時間:10:00~20:30 土日祝日OK
電話番号をタップすると電話をかけられます。

NHKの取材を受けました

NHK放送画像2

NHKの取材を受け、太陽光発電の専門家として太陽光発電選びのポイントなどを説明しました。
全国の設置検討中の方から寄せられるご相談に電話で回答する様子も放送されました。

取材の様子はこちら »

フジテレビ『とくダネ』で紹介されました

フジテレビとくダネ放送画像

フジテレビ『とくダネ』で、ソーラーパートナーズの『太陽光発電 契約時の注意点』が紹介されました。

番組の内容はこちら »

太陽光発電 契約時の注意点

以下にあてはまる場合は注意が必要です。

  • 値段:相場と比べて異常に安い・高い
  • 施工業者:書面を残さない、契約を焦っている
  • 前金で全額を支払わない
太陽光発電に詳しい別の業者のセカンドオピニオンを持つことが重要
依頼件数ランキング1位

太陽光を検討する方は必ずご利用頂いています


\ あなたが検討しているのはどっち? /
あなたが検討しているのはどっち?