ソーラーパートナーズ

ソーラーパートナーズ独自の取組

太陽光発電の購入時期について

Q
お客様からのご質問

新築を機に太陽光発電を導入する予定です。メーカーはパナソニックにしようと思っています。南向きの切妻屋根で、見積もりでは7.36kw(230w×32枚)で60万円/kw(税抜)です。最大で7.36kwが可能みたいです。
今回、最大の7.36kwを購入するか、とりあえず5kw前後購入して何年後かに数kw追加で購入したほうがいいのか悩んでいます。後から追加すると、発電効率のいいパネルが出たり、価格が安くなったりするんじゃないかなと思います。
最初から最大で購入すべきか、とりあえず一部購入して数年後に追加で購入したほうがいいのか、どちらがいいと思いますか?

A
ソーラーアドバイザーからの回答
回答者
中村雄介

太陽光発電システムは、年々性能が高まりつつも価格が安くなっているため、確かにどのように購入すべきか迷うところですね。政府の方針としては、販売価格の低下に伴って補助金や売電などの支援内容を下げていくようにしており、後から導入した方が得にならないように配慮しているようです。
今回の質問の場合、最初から7.36kW導入するべきか、先に5kW導入して後から2~3kWを追加するべきかという質問ですが、これは最初から7.36kWにした方が良いのではないかと思います。前述のとおり、後から追加設置したものについては補助金や売電などの支援が減っていくことが予想されるためです。また、追加工事であっても30万円前後の工事代はかかってくるため、一度の工事で終えた方がメリットが大きくなります。