ソーラーパートナーズ

ソーラーパートナーズ独自の取組

太陽光発電は性能の良いものをできるだけ設置したほうがお得なのですか

Q
お客様からのご質問

今年中に太陽光発電システムを設置予定なのですが、性能の良いもの(例えば、三洋電機製)を 屋根(南面)に設置できるだけ、設置した方が後々得なのでしょうか?
また、何kwでも設置できるものなのですか?

A
ソーラーアドバイザーからの回答
回答者
中村雄介

現在の制度では、家庭で使用しなかった余剰電力を高い単価で買い取ってもらえることでメリットが出ます。従って、ご質問のとおり、性能の良いものを設置できるだけ設置した方がより多くの売電を行うことができることになり、長期的にみるとお得になります。ただし、性能の良いものの方が導入金額も高くなるため、ご自身の状況にもとづいた収益シミュレーションを行い、どのメーカーを選べば最もメリットが大きくなるかを見極めた上で、最適なメーカーを選ぶ必要があります。
また、現在の補助金制度や売電制度は住宅用の場合に優遇されていますが、10kW以上になると住宅用という扱いにならなくなってしまいます。そのため、個人の方が太陽光発電システムを導入する場合、設置面積に余裕があっても10kW未満になるように設置されている方がほとんどです。