ソーラーパートナーズ

ソーラーパートナーズ独自の取組

太陽光発電の工事補償期間以降の雨漏りについて

Q
お客様からのご質問

お世話になります。
太陽光の設置を検討しているものです。現在、メーカーや業者も絞り込んでいます。ただ、一つ設置に踏み切れない不安があります。それは、屋根に穴を開けることです。
太陽光を設置するメリットは十分に理解しており、設置したい気持ちも十分にありますが、屋根にビスで百箇所以上の穴を開ける不安が多分にあります。施工業者は十二分にコーキングをするので心配ないし、10年の施工保障を行うので、雨漏りにも十分対応すると言っています。実際、信用のおける業者だと判断できていますので、設置後10年間はあまり不安に思っていないのですが、本当に心配なのは、20年後30年後のことです。防水コーキングの耐久性が10年そこそこだと聞いているので、劣化もそのころから進みますし、保障期間以降にこそ雨漏りする可能性が高くなると考えます。10年以降は、設置したことにより、余計に屋根のメンテナンスが必要になるということなのでしょうか。
穴の空いた瓦は葺きかえれば済みますが、防水シートや野地板は穴が開き、屋根裏にビスが貫通した状態が一生続くわけですから、雨のしみ込みや結露などかなりの不安となります。
実際、メーカーや施工業者、設置した人たちはそのあたりはどのように考えて設置しているのでしょうか。
ちなみに、30年後など寿命を迎えた機器は通常であればどうするのですか?撤去すればパネルが無くなる分、風雨にさらされ、ますます雨漏りの可能性が高まります。施工に関しては、支持瓦工法、差込工法、アンカー工法なども開発されているようですが、施工費用が高くなり太陽光のメリットが半減するほか、業者やメーカーも限られてしまいます。
なにか設置に踏み切れるアドバイスがあればお願いいたします。

A
ソーラーアドバイザーからの回答
回答者
中村雄介

非常に難しい問題だと思います。
どのように各関係者はどのように考えているのかという事ですが、大元はメーカーが設置基準を設定しその通りに施工業者は設置をしますのでメーカーがOKを出している通りにすれば問題ないと考えていると思います。
今後ご不安の通りの事態が増加し、顕在化してくるようになった時、もしくはその以前からアフターメンテナンスのサービスが出てくるのかもしれません。

また30年後など寿命を迎えた機器についてですが、現状それを迎えた機器が無い為当社でも恥ずかしながらわかりません。
業界に携わるものとして今後しっかりと考えていきたいと思います。

\ あなたが検討しているのはどっち? /
あなたが検討しているのはどっち?