ソーラーパートナーズ

ソーラーパートナーズ独自の取組

かながわソーラーバンクとはなんですか?

Q
お客様からのご質問

先日「かながわソーラーバンク構想」についての発表があったようです。
当初の骨子では「設置者の初期費用」を県側が負担し、売電収入の権利を証券化し運用する収益で県側がコストを回収していく制度だった気がするのですが。
今回の発表を見る限り、メーカー等と県民側が互いに手を挙げて、県はただそのマッチングを行うのみのようです。

結局初期費用は(多少安いのかもしれませんが)県民側が負担するというこのなのでしょうか?
ただのマッチングならこれは完全な行政による民業圧迫だと思うのですが。
差し支えなければご意見お聞かせ願います。

A
ソーラーアドバイザーからの回答
回答者
中村雄介

私どももまだ詳しいことはわからないのですが、確かにご指摘の側面はあると思います。

太陽光発電の普及は国を挙げての命題であり、補助金と売電制度無く普及する価格まで下げる事が国が一番目標としているところです。

初期費用が少しでも下がるのであれば、弊害こそあれ色々と試してみるうちの一つとしてこのような行政が関っての低価格化の推進というのは興味深い取り組みであると考えています。