2019年問題?太陽光発電を再検討すると2019年チャンスになる3パターンの方々

2019年チャンス

ご注意ください
「モニター価格」「工事代無料」
「~棟限定のキャンペーン価格」

上記のような魅力的な営業トークを使って、実際には非常に高額な提案をする悪徳企業が増えています。
このようなご案内を聞いている方は複数社からのお見積りを比較してみることを強くお勧めします。

2019年問題はこれから太陽光発電を買う人には無関係

太陽光発電業界は現在2019年問題が叫ばれています。
ですが2109年問題はこれから太陽光発電システムの設置検討をする人達には関係のない話なので、特段気にしていただく必要はありません。
一応2019年問題について知りたい方はこちらをご覧ください。

『問題』なんて言葉が使われているので、せっかく太陽光発電システムの検討を始めた方にとっては不安になると思います。
しかし実は、2019年は太陽光発電システムを検討する方にとっては非常に良い年です。

この記事では、過去に太陽光発電の設置を検討したが、様々な理由で諦めた方々が再検討をするべき理由について解説します。

太陽光発電を再検討したほうが良い方々
  • 二世帯住宅への太陽光発電設置
  • 屋根が小さい家への太陽光発電設置
  • エネファームなどでダブル発電になってしまう

太陽光発電を再検討すべき人その1
二世帯住宅への太陽光発電設置

いままでは電気代の高い二世帯住宅は太陽光発電に不向きだった

二世帯住宅にお住まいの方は、当然のことながら一般家庭よりも電気代が高くなる傾向がありますので、少しでも光熱費削減に繋がらないかと太陽光発電システムの導入を自主的に検討し始める方が多いです。

ところがこれまでは買電価格よりも売電価格が大幅に高かったため、太陽光発電システムは電気代を下げることよりも、いかに発電した電気を余らせて売電に回すかということがポイントでした。

img-75037-yojyokaitori-01

電気代が高い二世帯住宅の方は自家消費する電気量が多過ぎるため、余らせることができる発電量が少なくなってしまいます。
結果、太陽光発電システムを導入するメリットが出にくいため泣く泣く導入を諦める方が非常に多くいました。

それでも二世帯住宅で今までに導入に踏み切った方はいらっしゃいました。

売電価格が高いときに二世帯住宅への太陽光発電設置に踏み切った方たちは皆、分電盤を2つ設置し、二世帯の電気契約を分けていました。
分電盤を2つ設置することで、日中も家にいてよく電気を使う親の世帯の方の分電盤には太陽光発電システムを繋がず、働きに出ていて昼間はあまり人がいない子供世帯の方の分電盤につなぐことによって売電量を多くする方法を取っていたからです。

2019年以降は電気代が高い二世帯住宅の方が太陽光発電はお得になる

ところが2019年度ははじめて売電価格が買電価格と同額か安くなりました。
そうなると今まで自家消費が多過ぎてメリットが出なかった二世帯住宅の方はむしろメリットが多くなるという逆転現象が起きます。

img-75037-yojyokaitori-02

ほとんどの方が、電気代を下げたいという思いから太陽光発電システムの導入検討を始めるにも関わらず電気代が高ければ高いほど(厳密には日中の電気使用量が多いほど)太陽光発電システム導入のメリットがでないという不条理な状態でしたので、正常な状態に戻るのが2019年なのです。

太陽光発電を再検討すべき人その2
屋根が小さい家への太陽光発電設置

いままではkWが小さいと割高だった

屋根が小さい方は当然のことながら、発電量が少なくなり売電できる量が少なくなるためメリットが出にくかったのですが、それ以上にメリットが出にくくなる理由として太陽光発電システム自体の金額が割高になってしまうという問題がありました。

img-relation_between_price_and_power-01

設置できる太陽光パネルの枚数が25枚でも、10枚でも太陽光発電システムに必要なパワーコンディショナ―、接続箱、モニターなどは同じく1台ずつ必要なため、パネル枚数が少なくなれば少なくなるほど固定費比率が上がり全体としては割高になってしまいました。
タクシーに一人で乗るより、4人で乗った方が一人当たりは割安になるのをイメージして頂けるとわかりやすいかもしれません。

とにかくパネル枚数が多ければ多いほど割安になり、パネル枚数が少なければ少ないほど割高になってしまっていたのです。

小さいkWでも割安なパッケージ仕入れが登場

ところがここ最近、太陽光発電システムの仕入れではパッケージ仕入れが多くなってきています。

パッケージ仕入れとは何かというと、今までは部材一つ一つに値段がついていてその合計の値段が仕入れ価格になっていたのに対し、細かい部材の違いは抜きにして、システム全体をkWあたりいくらというようにパッケージとして販売をするというもので、多くのメーカーが最近は採用しています。

パッケージ仕入によって何が起きるかというと、パネル枚数が多ければ多いほど割安になるという事がなくなり、逆を言うと先にお伝えしたような、パネル枚数が少なければ少ないほど割高になるという事が起きなくなったのです。

パッケージ仕入はパネル枚数が少ないとメーカ―としては儲からない仕組みになっていますが、そのあたりのマイナスを考慮しても、販売する会社に対して仕入れ価格の計算しやすさ、使いやすさを提供した方が最終的には利益が大きくなるという判断の元に導入されています。

太陽光発電の通常仕入とパッケージ仕入の違い
仕入 設置容量 kW単価 総額
通常 3kW 34万円/kW 102万円
6kW 30万円/kW 180万円
パッケージ 3kW 32万円/kW 96万円
6kW 32万円/kW 192万円

パネル枚数が少なく、容量が小さい太陽光発電システムの値段が安くなっているのがお分かり頂けると思います。

売電価格が買電価格と同じもしくは安くなった事、パッケージ仕入れが多くなった事、この2つの理由から今では屋根が小さくて断念していた方たちにも十分メリットが出るチャンスが巡ってきたのです。

太陽光発電を再検討すべき人その3
エネファームなどでダブル発電になってしまう

ダブル発電になってしまう方も今までは導入を諦めていた方が多かったのですが、2019年度は再検討をぜひして頂きたい方々です。

ダブル発電は押し上げ効果のために売電価格は低かった

上のグラフからわかるように2016年頃までは、既にエネファームやエコウィルを導入している方はダブル発電として扱われ、常に通常設置の方と比べて太陽光発電システムの売電価格は8円~6円通常より低く設定されていました。

これは「押し上げ効果」と言って、ダブル発電の場合、太陽光発電が発電している時間帯に他の創エネ機器も発電をすることで、太陽光発電の売電割合が増えてしまう事が理由です。

売電制度は再生可能エネルギーが普及するための制度ですので、再エネ機器ではないエネファームなどの電気によって売電量が増えるのは良くないという事で売電価格に差をつけていたのです。

2019年のはダブル発電の売電価格が同額に

ところが2019年はこの差額がとうとう0になりました。
過去に検討したものの、導入を断念したエネファームやエコウィルを導入してるご家庭の方は、システム価格の低下にも驚くと思いますので是非再検討する事をおすすめ致します。

じつは電力会社によって売電すべきか自家消費すべきかは変わる

電力会社によって売電価格が違う

冒頭から、「売電価格が買電価格と同等か、買電価格より安くなったから2019年の太陽光発電はチャンスだ」という説明をしてきましたが、実は日本全国全てがそういう訳ではありません。

理由は2つあって、一つ目は売電価格が電力会社によって2パターンあるからです。

太陽光発電の2019年 売電価格
区分 2018年度
(今年度)
2019年度 売電期間
買取価格
(10kW未満)
出力制御対応機器
設置義務なし
(東京電力・中部電力・関西電力管内)
26円/kWh 24円/kWh 10年間
出力制御対応機器
設置義務あり
(上記以外の電力会社管内)
28円/kWh 26円/kWh 10年間
買取価格
(10kW以上)
18円/kWh+税 未定 20年間

買電価格が電力会社によってバラつきがある

二つ目は、買電価格が電力会社ごとにかなりバラつきがあるからです。

ほとんどの方が電気契約(電力プラン)は従量電灯Bというプランを選択していると思います。
これは使う電気量が少ないうちは単価が安く、増えていくと3段階で単価が高くなっていくというプランです。

自分の住んでいるところ以外の電気代単価なんて皆さん興味もないので知らないと思いますが、実はかなり大きな差があります。

下の表は電力会社ごとの従量電灯Bの内容と売電価格(2019年度)、そして平均的な家庭の一ヶ月の電力使用量370kWhの場合の平均買電単価と売電価格との差額をまとめたものです。

電力会社ごとの売電価格と買電価格の差分
電力会社 買電価格 買電価格(平均)
※370kWh使用時
売電価格
2019年度
差額
※▲は売電した方がお得
0~120kWh 120kWh~
300kWh
300kWh~
北海道電力 23.54 29.72 33.37 28.41 26.00 2.41
東北電力 18.24 24.87 28.75 23.45 26.00 ▲ 2.55
北陸電力 17.52 21.33 23.02 20.41 26.00 ▲ 5.59
東京電力 19.52 26 30.02 24.66 24.00 0.66
中部電力 20.68 25.08 27.97 24.20 24.00 0.20
関西電力 17.59 20.82 23.77 20.33 24.00 ▲ 3.67
中国電力 17.76 23.74 25.58 22.15 26.00 ▲ 3.85
四国電力 16.66 22.09 24.96 20.87 26.00 ▲ 5.13
九州電力 17.19 22.69 24.55 21.26 26.00 ▲ 4.74
沖縄電力 22.53 27.97 29.91 26.57 26.00 0.57

参照元:
http://www.hepco.co.jp/home/price/ratemenu/meterratelight.html
https://www.tohoku-epco.co.jp/dprivate/menu/menu_lightb.html
http://www.rikuden.co.jp/ryokinmenu/jyuryo.html
http://www.tepco.co.jp/ep/private/plan/old01.html
https://www.chuden.co.jp/home/home_menu/home_basic/hba_juryo/index.html
https://kepco.jp/ryokin/menu/dento_b
http://www.energia.co.jp/elec/pdf/jyu_dentou_b.pdf
http://www.yonden.co.jp/kouri/menu/kojin/code_04.html
http://www.kyuden.co.jp/menu_new-plan.html
http://www.hepco.co.jp/home/price/ratemenu/meterratelight.html

上の表を見るとお分かりいただけると思いますが、中三社なかさんしゃと呼ばれる東京電力、中部電力、関西電力はそれ以外の電力会社と比べて売電価格は24円と安いのですが、関西電力はそれ以上に買電単価が安いので(全国で一番安い)自家消費ではなく、売電をなるべく多くした方がお得になります。

また北海道電力、沖縄電力は売電価格は26円と高いのですが、買電価格がそれ以上に高いので、売電するのではなく自家消費を多くする方がお得になります。

ご自身が普段どの位電気を使っているのかを調べて頂き、参考にして頂ければと思います。

まとめ

買電単価が安い電力会社のエリアでも電気使用量が多ければ電気代単価は高くなりますし、買電単価が高い電力会社のエリアでも電気使用量が少なければ電気代単価は低く抑えられます。

またオール電化の方は先にお伝えした従量電灯ではなく、時間帯ごとに単価が違うオール電化用の電気契約プランになっています。
これまた電力会社ごとに単価が違うのですが深夜が安く、日中が高いという構造は変わりません。

まずは自分の現在の電気の契約内容、使用状況を確認する事から初めて頂き、どの位の容量の太陽光発電システムを設置するのがベストなのか、オール電化にはした方がいいのかなど検討して頂ければ間違いのない導入になると思います。

改めて、2019年は全ての方が設置検討できる素晴らしい年になりました。
あくどい会社に捕まりさえしなければ必ずどなたにもメリットが出ます。
北向きの屋根などは除きますが・・・。

かつて検討したもののメリットが大きくなく導入を諦めてしまった方が、これを読んでもう一度だけ話を聞いてみてくださると嬉しいなと思います。

あわせて読まれている記事

人気記事ランキング



お客様の声
実際どれくらいお得なの?

神奈川県座間市 J.A様

業者さん同士の相見積もり、メーカーごとの相見積もり、それ…

神奈川県座間市 J.A様

大阪府 INA様

価格や業者選びで悩んだときに相談できたので、とても頼もし…

大阪府 INA様

北海道札幌市 T.H様

色々と比較、検討し、実際に話を聞いてみるのが一番だと思い…

北海道札幌市 T.H様

神奈川県横浜市 Y.Y様

他の見積もりサイトを利用することはありませんでしたが、ソ…

神奈川県横浜市 Y.Y様

奈良県上牧町 M.O様

太陽光発電の設置を考えているなら、見積依頼をするといいと…

奈良県上牧町 M.O様

千葉県 CSP様

相見積もりも含め、色々な業者さんから話を聞くのは、混乱す…

千葉県 CSP様

 

非公開マル秘メーカーランキング表は、インターネット上に掲載できる内容ではないため、 見積り依頼を頂いた方限定でお渡ししています。
あらかじめ、ご容赦ください。

見積り依頼はこちら

わずか1分!しかも無料見積り依頼
郵便番号と設置場所を選ぶだけ!

1分で入力完了!見積り依頼 (無料)

ステップ1 郵便番号を入力してください必須

ステップ2 設置場所を選んでください必須

人気記事ランキング

(2018年12月10日更新)

2018年 要チェック記事

殿堂入り人気記事

お客様の声

お客様の声をもっと見る »

太陽光発電のキホン

記事をもっと見る »

メーカーインタビュー

もっと見る »

太陽光発電の今を知る

コラムをもっと見る »

太陽光発電の導入成功ガイド

導入成功ガイドをもっと見る »

太陽光発電のトラブル事例

トラブル事例をもっと見る »

太陽光発電の価格を相談する

価格相談をもっと見る »

太陽光発電の専門家に聞く
(プロが答えるQ&A)

Q&Aをもっと見る »

ソーラーパートナーズ独自の取組

お問い合わせ

マンガでわかる太陽光発電