逆風じゃない!2019年の買取価格2割減で事業用太陽光発電の売電価格14円の真相とは?

10kW以上売電価格4円下げ

ご注意ください
「モニター価格」「工事代無料」
「~棟限定のキャンペーン価格」

上記のような魅力的な営業トークを使って、実際には非常に高額な提案をする悪徳企業が増えています。
このようなご案内を聞いている方は複数社からのお見積りを比較してみることを強くお勧めします。

2019年10kW以上の売電価格(買取価格)2割下げ

2019年1月9日経済産業省は、10kW以上の太陽光発電の売電価格を、2018年度の18円から2019年度に14円に引き下げる方針を固めました。

このことを日本経済新聞をはじめとする大手メディアがこぞって「買取価格が2割も下がる」「太陽光発電に逆風」などと報じたため、導入を検討している方の中には「本当に太陽光発電は大丈夫なのか」と不安に感じた人もいるのではないかと思います。

しかし、よく確認すれば「逆風」ではなく「追い風」が吹いているからこそ、売電価格が4円引き下げになったことがわかります。

この記事では2019年度に10kW以上の売電価格が4円引き下げになる背景と、10kW未満の売電価格についても詳しく解説します。

太陽光発電 2019年 売電価格
区分 2018年度 2019年度 売電期間
買取価格
(10kW未満)
出力制御対応機器
設置義務なし
26円/kWh 24円/kWh 10年間
出力制御対応機器
設置義務あり
28円/kWh 26円/kWh 10年間
買取価格
(10kW以上)
18円/kWh+税 14円/kWh+税 20年間
2019年住宅用の売電価格について詳しくはこちら solar-partners.jp

10kW以上は「産業用」、10kW未満は「住宅用」

まず、太陽光発電の売電制度について改めて確認しておきましょう。

太陽光発電には「固定価格買取制度」という売電制度があり、太陽光発電を設置してから一定の期間、同じ売電価格で電力会社に電気を売れることが約束されています。

売電期間は設置した太陽光発電の容量が10kW以上か10kW未満かどうかによって異なります。
10kW以上は20年間、10kW未満は10年間です。

また、売電価格も10kWを境に異なります。
10kW未満の方が売電期間が短い分、売電価格は高く設定されています。

10kW以上は通称「産業用」と呼ばれており、土地や工場に設置するような規模感です。
逆に10kW未満は通称「住宅用」と呼ばれています。
住宅に設置している太陽光発電のほとんどは10kW未満です。

住宅用の売電価格引き下げは2円

太陽光発電は毎年導入に必要な費用が安くなっていますので、それにあわせて売電価格も引き下げられています。
導入に必要な費用が安くなったのに売電価格がそのままだと、太陽光発電があまりにもお得になりすぎてしまうからです。

今回「2019年度の売電価格2割下げ」と報道されたのは10kW以上の太陽光発電の売電価格です。
冒頭でもご案内した通り、10kW以上の売電価格は2018年度の18円から14円と、4円引き下げとなります。

また、10kW以上の産業用太陽光発電の売電価格が4円引き下げとなった一方で、10kW未満は東京電力、中部電力、関西電力エリアが26円から24円、それ以外のエリアが28円から26円と、それぞれ2円引き下げにとどまっています。

では、住宅用の売電価格が2円しか引き下げにならなかったにもかかわらず、なぜ産業用の売電価格は4円も引き下げられることになったのでしょうか。

産業用4円引き下げの理由は「事業リスクの低下」

img-79168-cost

平成31年度以降の調達価格等に関する 意見(案)|平成31年1月9日(水)調達価格等算定委員会(赤字赤枠はソーラーパートナーズ作成)

10kW以上の太陽光発電の売電価格が4円も引き下げになった理由は、事業リスクの低下により、資金調達コストが安くなったからです。

少し言葉がわかりにくいですが要は、「元々『リスクの高い投資』とみなされていた太陽光発電が、導入が進んできたことで『リスクの少ない投資』であることがわかってきたので、安い金利で資金調達ができるようになった」ということです。

安く資金調達ができるようになったということは、それだけ経費を抑えることができるので、それにあわせて売電価格も引き下げましょう、ということで4円の引き下げになりました。

つまり、売電価格が4円引き下げになったのは「逆風」ではなく「追い風」だったことが背景にあるということです。

10kW未満の住宅用は2019年がチャンス

2018年度から2019年度にかけて、10kW未満の住宅用太陽光発電の売電価格はわずか2円の引き下げとなりましたが、2020年にはもう少しシビアな条件になりそうです。

経済産業省の資料を読み解くと2020年度には、東京電力、中部電力、関西電力エリアで3円引き下げ、その他エリアでは5円引き下げになることが考えられます。

住宅用太陽光発電をご検討している方は2019年度中の導入がおすすめです。

この点については別の記事にまとめてありますので、気になる方はご覧ください。

まとめ

毎年、売電価格が下げられると「太陽光発電はもう終わった」と大騒ぎする方がいます。
しかし、売電価格が安くなっているのは導入に必要な費用が安くなっているからなので極めて自然なことです。

落ち着いて費用対効果を計算していただければ、太陽光発電を導入するメリットが大きいことに気づいていただけるはずです。

「それでも不安だ」「費用対効果の計算方法がわからない」という方は無料で相談を承っておりますので、ソーラーパートナーズまでご相談ください。

あわせて読まれている記事

人気記事ランキング



お客様の声
実際どれくらいお得なの?

広島県廿日市市 K.T様

複数の業者さんを比較することができて良かったです。

広島県廿日市市 K.T様

神奈川県座間市 J.A様

業者さん同士の相見積もり、メーカーごとの相見積もり、それ…

神奈川県座間市 J.A様

大阪府 INA様

価格や業者選びで悩んだときに相談できたので、とても頼もし…

大阪府 INA様

北海道札幌市 T.H様

色々と比較、検討し、実際に話を聞いてみるのが一番だと思い…

北海道札幌市 T.H様

神奈川県横浜市 Y.Y様

他の見積もりサイトを利用することはありませんでしたが、ソ…

神奈川県横浜市 Y.Y様

奈良県上牧町 M.O様

太陽光発電の設置を考えているなら、見積依頼をするといいと…

奈良県上牧町 M.O様

 

非公開マル秘メーカーランキング表は、インターネット上に掲載できる内容ではないため、 見積り依頼を頂いた方限定でお渡ししています。
あらかじめ、ご容赦ください。

見積り依頼はこちら

わずか1分!しかも無料見積り依頼
郵便番号と設置場所を選ぶだけ!

1分で入力完了!見積り依頼 (無料)

ステップ1 郵便番号を入力してください必須

ステップ2 設置場所を選んでください必須

人気記事ランキング

(2019年1月15日更新)

2019年 要チェック記事

殿堂入り人気記事

お客様の声

お客様の声をもっと見る »

太陽光発電のキホン

記事をもっと見る »

メーカーインタビュー

もっと見る »

太陽光発電の今を知る

コラムをもっと見る »

太陽光発電の導入成功ガイド

導入成功ガイドをもっと見る »

太陽光発電のトラブル事例

トラブル事例をもっと見る »

太陽光発電の価格を相談する

価格相談をもっと見る »

太陽光発電の専門家に聞く
(プロが答えるQ&A)

Q&Aをもっと見る »

ソーラーパートナーズ独自の取組

お問い合わせ

マンガでわかる太陽光発電