ソーラーパートナーズ

ソーラーパートナーズ独自の取組

WWFジャパンが100%自然エネルギーを実現する長期シナリオを発表

WWFジャパンが100%自然エネルギーを実現する長期シナリオを発表

2017年2月16日、WWFジャパンは「脱炭素社会に向けた長期シナリオ2017 ~パリ協定時代の2050年日本社会像~」というタイトルの研究報告書を発表しました。
この報告書によると、日本は2050年までに自然エネルギー100%の脱炭素社会を実現することができるとのことです。
今回は、この報告書について詳しく見ていきたいと思います。

WWFジャパンとは

この研究報告書を発表したWWFジャパンという組織をご存知でしょうか。
正式名称は、「公益財団法人世界自然保護基金ジャパン」といい、パンダのロゴマークで知られる団体です。
WWFは、地球環境を守り人類と自然が共存できる未来を築くための活動を行う、約100ヵ国で活動している世界的な団体です。
WWFジャパンは、その日本支部というわけですね。

100%自然エネルギーシナリオ

この世界的な団体が発表した「100%自然エネルギーシナリオ」は、2050年に日本の全エネルギーが太陽光発電や風力発電のような自然エネルギーだけで賄われていることを示したシナリオです。

シナリオの考え方 脱炭素社会に向けた長期シナリオ2017インフォグラフィックス版|WWF

徹底した省エネ

100%自然エネルギーを実現するにあたっては、まずは徹底的な省エネが欠かせません。
このシナリオでは、2050年までに、2010年比で47%のエネルギー削減を行うと試算されています。

少子高齢化が進む日本は、2050年に向けて人口が減っていくことが予想されています。
なんと、2010年時点と比べると、24%も人口が減るそうです!
単純に考えて電気の消費量が減るので、これだけでもエネルギー消費量は24%削減できるわけです。
さらに、省エネ技術が改善されることで、合計47%のエネルギー削減ができるという試算になっています。

100%自然エネルギー 脱炭素社会に向けた長期シナリオ2017インフォグラフィックス版|WWF

エネルギー消費量の増加

エネルギー消費量を半分近くに減らした上で、そのエネルギーを自然エネルギーで賄うわけですが、自然エネルギーの代表ともいえる太陽光発電や風力発電は、天候によって発電量が変動します。
この変動をカバーするために、余剰電力で水素を作り、エネルギーを貯めておくという方法がこのシナリオには書かれています。

100%自然エネルギーに向けて 脱炭素社会に向けた長期シナリオ2017インフォグラフィックス版|WWF

さらに、全国の電力系統が一体的に利用できるようになることで、電力が余っている地域から、電力を必要とする地域への融通が進むことも想定されています。

こういったことを進めれば、原子力発電を全て停止したとしても、日本の全エネルギーを自然エネルギーだけで供給することができるようになると示されています。
100%自然エネルギーにするのは簡単ではないでしょうが、このシナリオを読んでいると、何となくやれそうな気もします。

もう一つのブリッジシナリオ

今回WWFジャパンが発表したシナリオは、実は2つあります。
1つはさきほど説明した「100%自然エネルギーシナリオ」です。
もう1つは、「2050年には温室効果ガスを80%削減して、さらにその先に100%自然エネルギーにしていく」というシナリオです。
100%自然エネルギーへの橋渡しになるシナリオという意味で、「ブリッジシナリオ」と呼んでいます。

ブリッジシナリオ 脱炭素社会に向けた長期シナリオ2017インフォグラフィックス版|WWF

ブリッジシナリオも、100%自然エネルギーシナリオと基本的には同じ考え方で進めていくわけですが、100%自然エネルギーシナリオでは「47%のエネルギー削減」としていた省エネを、「40%のエネルギー削減」としています。
また、高炉鉄生産や化学産業など、自然エネルギーへの転換が難しい分野では、化石燃料の活用を一部残すというシナリオになっています。

100%自然エネルギーシナリオでも読んでいてやれそうな気がしましたが、ブリッジシナリオなら、かなり高い確度で実現できそうな気がしますね!

シナリオ実現のための具体的な手法

すべてのエネルギーが自然エネルギーで賄われているという素晴らしい未来像。
この未来像は、具体的には次のようなことを行うことで実現できるそうです。

  1. 住宅・建築物の省エネルギー化の促進
    現在、国が懸命に普及を進めようとしているZEH(ゼロエネルギー住宅)やZEB(ゼロエネルギービル)の割合が高まっていくことで、省エネルギーがどんどん進みます。
  2. 電気自動車・燃料電池自動車の普及
    走行する車のほとんどが電気自動車や燃料電池自動車になり、その燃料を自然エネルギーで作り出すことができれば、自動車のために化石燃料を使う必要がなくなります。
  3. 電力システムの改革
    電力広域的運営推進機関の設立や、電力の小売り自由化など、現在、電力システム改革が急ピッチで進んでいます。このような電力システム改革が適切に進み、全国規模で自然エネルギーを効率よく活用できる体制を作ることが、自然エネルギー普及のためには不可欠です。
  4. 水素インフラの整備
    太陽光発電や風力発電が需要を上回る電力を作り出したときに、その余剰電力を水素という形で貯めておくことができます。現時点では水素エネルギーが十分活用できるほどのインフラが整っていませんが、今後水素インフラの整備を進めることで、自然エネルギーの変動に対応できるようになります。

そしてもちろん、太陽光発電や風力発電の更なる普及を進めることが大切です。

上記の他にもさまざまな具体案が示されていますが、こういったことを行っていくことで、100%自然エネルギーシナリオを実現することができるそうです。

100%自然エネルギーを達成するためのコストは?

100%自然エネルギーで暮らせるようになれば、こんなに良いことはありません。
でも、気になるのはコストですよね。

100%自然エネルギーシナリオを実現するためには、40年間で365兆円ものお金が必要になるそうです。
やっぱり、とんでもない金額が必要になるんですね・・・

と、諦めるのはまだ早いです!

自然エネルギーにすることで、確かに設備費用は必要になりますが、その一方で、燃料代が必要なくなるため運転費用は安くすることができます。
100%自然エネルギーシナリオの場合、40年間で運転費用を449兆円も安くできるそうです!!

ということは、差し引きで84兆円も節約することができるというわけです!!

100%自然エネルギー
設備費用 運転費用 正味費用
省エネルギー 191兆円 ‐281兆円 ‐90兆円
自然エネルギー 174兆円 ‐168兆円 +5.9兆円
合計 365兆円 ‐449兆円 ‐84兆円

100%自然エネルギーになって地球環境に良いだけでなく、私たちの負担も減らしてくれるなんて、素晴らしいですね。

ちなみに、ブリッジシナリオの場合は、設備費用が296兆円必要となる一方で、運転費用が392兆円節約できるため、差し引きで96兆円の節約ができるという試算になっています。

ブリッジシナリオ
設備費用 運転費用 正味費用
省エネルギー 154兆円 ‐247兆円 ‐93兆円
自然エネルギー 143兆円 ‐146兆円 -3.5兆円
合計 296兆円 ‐392兆円 ‐96兆円

まとめ

自然エネルギーをたくさん導入して、余剰電力は貯めて活用すれば100%自然エネルギーが実現できるという感覚はもっていましたが、コスト面で難しいのではないかと思っていました。
今回はそのあたりも試算し、コスト面でも十分メリットがあることが示されました。

シナリオの実現可能性はしっかりと検証する必要がありますが、自然エネルギーだけで生活できるようになれば、本当にいいことだなと思います。
このシナリオを議論のたたき台にして、このような世界の実現を進めていきたいですね。

シナリオの中でもさらなる活躍が求められるのが太陽光発電です。
近未来の基幹電源である太陽光発電の導入をお考えなら、ソーラーパートナーズまでお気軽にお問い合わせください。