ソーラーパートナーズ

ソーラーパートナーズ独自の取組

2016年『エネルギー革新戦略』発表内容から太陽光発電の今後を読む

エネルギー革新戦略とは

2016年4月19日、経済産業省は「エネルギー革新戦略」を公表しました。

エネルギー革新戦略が発表される2年前の2014年4月、新しいエネルギー基本計画が決定されました。
この基本計画を受けて、昨年2015年7月には、長期エネルギー需給見通しが決定され、2030年度の総発電電力量のうち、22~24%を再エネが占め、原子力は再エネよりも少ない20~22%になっていく見通しが発表されました。

今回発表されたエネルギー革新戦略は、これまでに発表された大きな方針を具体的に進めていくための指針となります。
これからの社会にとって不可欠なエネルギーである太陽光発電にとっても、とても重要なものとなります。
今回は、エネルギー革新戦略にはどのようなことが示されているのかを見ていきたいと思います。

施策(1) 徹底した省エネ

「エネルギー」の未来像を考える上で、やはり大切なことは、「省エネ」です。
エネルギーを非効率に浪費する社会だと、どれだけ再生可能エネルギーを増やしてもエネルギー不足になってしまいます。
そこで、エネルギー革新戦略では、これまで以上に省エネに取り組むことが示されています。

日本では、大企業の製造現場を中心に、かなりの省エネが進められてきました
「乾いた雑巾」と例えられることもあり、これ以上の省エネを進めるのは簡単ではないとよく言われます。
そこで、これまで十分省エネが進んでこなかった、中小企業や住宅、運輸部門で、省エネをしっかり進めていくことが、エネルギー革新戦略で示されています。
特に、住宅では、ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の普及を進めていくことや、新省エネ基準の適合義務化で省エネを進めていくことが明示されています。
ZEHにしても、新省エネ基準を満たす住宅づくりにしても、太陽光発電を設置することで基準を満たしやすくなります。
つまり、太陽光発電が住宅部門の省エネ化で担う役割は大きなものとなるのです。

施策(2) 再エネの拡大

2012年に再生可能エネルギーの固定価格買取制度が始まって以来、急速に再生可能エネルギーが社会に浸透してきています。
しかしその一方で、再生可能エネルギーの急拡大は、国民負担の増大にもつながっています。
そこで、現在、国民負担を抑えつつ、再生可能エネルギーを最大限導入させていくための、制度の見直しが行われています。
制度の見直しは、再生可能エネルギーの普及に急ブレーキをかけることを目的にしたものではなく、今後もしっかり再生可能エネルギーの普及を進めていくことを目的にしています。

制度整備に加えて、研究開発を国が支援していくことで、さらに再生可能エネルギーを拡大させていこうとしています。
今までにはなかったような、太陽光発電の活用方法がどんどん出てくるようになるかも知れません。

施策(3) 新たなエネルギーシステムの構築

2016年4月から電力の小売りが全面自由化されました。
2017年にはガスの小売りも自由化されます。
これまでのように地域独占体制だったエネルギーシステムが一新され、新たなエネルギーシステムが構築されてきています

さらには、地域に密着した「地産地消型エネルギーシステム」も構築されていくことになることがエネルギー革新戦略で示されています。
地域で必要なエネルギーは、その地域で作ってしまおうという考え方ですね。
特に、「熱」は遠くに運ぶことが難しいので、地産地消という考え方が合うわけです。
分散型エネルギー源といえば、やはり太陽光発電ですので、この分野でも太陽光発電が活躍できそうですね。

施策(4) エネルギー産業の海外展開

COP21で採択された「パリ協定」によって、二酸化炭素排出量の削減を世界の国々で協力し合って進めていくことになりました
日本は、経済と環境を両立したエネルギー政策体系の構築が、新興国と比べて進んでいます。
そんな日本の知識や経験を使って、新興国を支援し、世界的な取り組みを進めていくことも、エネルギー革新戦略で示されました。

ソーラーパートナーズも、国際協力機構による海外研修生向けの太陽光発電研修のお手伝いをしています。
こういった取り組みが、今後はますます活発化していくのかも知れません。

革新戦略による新たな展開

ここまで示されてきたような施策に加えて、エネルギーに関して次のような取り組みを行っていくことも、エネルギー革新戦略では示されています。

  • 省エネ政策のパラダイムシフト
  • 低炭素電源市場の創出と再エネ産業の再構築
  • IoTを活用したエネルギー産業の革新
  • ポスト2030年に向けた水素社会戦略の構築
  • 福島新エネ社会構想の実現

こういった取り組みを見ていくと、エネルギー分野について、大きな「革新」が行われることが実感できます。
未来のエネルギーシステムがどうなっていくのか、想像するととてもワクワクしますね

まとめ

エネルギー革新戦略を見ていると、これからの社会では、太陽光発電がまずます大きな役割を担うことになることがはっきりとわかります。
今回、エネルギー革新戦略が発表されたことで、さまざまな政策が具体的に動いていくことになるでしょう。
新たなエネルギーシステム構築の一翼を担うべく、ソーラーパートナーズも頑張っていきたいと思います。
太陽光発電の導入に関してご相談がある方は、ぜひお問い合わせください。

\ あなたが検討しているのはどっち? /
あなたが検討しているのはどっち?