電力自由化のメリットと真相

地元の太陽光業者を探す
▼ 都道府県を選択 ▼
▼ 検討しているのは? ▼

4月1日から電力自由化スタート!

2016年4月1日、電力自由化が始まりました。
新聞やテレビで毎日のように電力自由化の話が出ますので、ご存知の方も多いと思います。

電力自由化で、「一体、何が自由になるの?」、「本当に電気代が安くなるの?」とさまざまな疑問が出てくることだと思いますので、できるだけ簡単に電力自由化についてご説明したいと思います。

電力自由化が騒がれ出したのはつい最近だと感じている方が多いと思いますが、実は、電力自由化自体は、日本でも2000年から始まっていました。
最初のうちは、大規模な工場や高層ビルなど、たくさんの電力を使用するところで電力自由化が始まりました。
その後、もう少し小さめの建物などの電力も自由化され、いよいよ2016年4月1日から、一般家庭でも電力自由化されることになりました。

電力自由化される前は、電気は、東京電力や関西電力などのような地域の電力会社から買うしかありませんでした。
それが、電力自由化によって、好きな電力会社から電気を買えるようになるわけです。

さまざまな電力会社が競い合うことになりますので、電気代が安くなったり、サービスが良くなったりすることが期待できるようになります。

電力自由化のメリット

では、電力自由化によって、私たちの生活にどんなメリットがあるのでしょうか。
電力自由化には、次のような3つのメリットがあります。

(1) 電気代が安くなる

これまでは電力会社は地域ごとに独占状態でした。
そのため、競争原理が働かず、電気代がなかなか安くなりませんでした。
これからは、たくさんの電力会社が競い合うことになります。
その結果、今までよりも安い電力メニューが登場したり、いろいろな生活スタイルに適した電力メニューが登場することが期待できます。

適切な電力メニューを選べば、今よりもずっと電気代を安くすることができるようになります。

(2) 「セット割」で電気代以外の料金も安くなる

電力自由化によって、携帯電話会社やガス会社、鉄道会社など、いろいろな業界の会社が電力会社に名乗りをあげています。
そういった会社の多くは、自社の既存サービスと電力をセットにした「セット割」をいろいろと打ち出しています。
普段よく使うサービスを提供している会社から電気も買うようにすれば、ただ単に電気代が安くなるだけでなく、「セット割」によって、電気代以外のサービスも安く使えるようになります。

(3) 電気を使うだけで、ポイントを貯められる

電力自由化によって、TポイントやPontaポイントなど、さまざまなポイントサービスと提携した電力メニューが発表されています。
そういった電力メニューを賢く選べば、いつも通り電気を使っているだけで、知らず知らずのうちにポイントが貯まるようになります。

上記の他にも、いろいろなサービスと組み合わせた電力メニューが、今後どんどん登場してくることだと思います。
ご自身の生活スタイルや消費動向に合った電力メニューを選ぶことで、苦労することなくお得になる、それが電力自由化のメリットです。

どんな電力会社があるの?

続いては、実際に電力小売りを行う会社の特徴を見ていきましょう。
一気に増えた電力会社を一つ一つ見ていくことはとても大変な作業になりますので、母体となる事業の業界別に、電力会社の特徴を見ていきたいと思います。

既存電力系

東京電力や関西電力など、地域独占でやってきた既存の電力会社です。
これまで長期間にわたって電力事業を行ってきたので、圧倒的なノウハウをもっています。
一方で、地域独占だったため、顧客獲得のための営業力には課題があります。
そのため、営業力のある会社との提携を進めて、お得なプランを提供しようとしています。

エネルギー系

ガス会社や石油会社など、エネルギー事業を本業とする会社です。
エネルギー系の会社は、発電に必要となる石油や天然ガスを安く調達できることが強みです。
2017年にはガスの自由化が控えていることもあり、ガスやガソリンとのセット割で顧客の囲い込みを行おうと動いています。

携帯電話系

ソフトバンクやauなどの携帯電話会社です。
ナンバーポータビリティ制度によって、携帯電話番号を変えずに契約会社を変えることができるようになったことで、携帯電話会社は「いかに顧客をつなぎとめるか」に力を入れています。
そこで、携帯電話会社は、電気と携帯電話のお得なセット割を用意することで、顧客の囲い込みを行おうとしています。

その他にも、さまざまな業界から電力事業に参入している会社がありますが、電力事業そのもので稼ぐことよりも、既存サービスの顧客囲い込みを狙っている会社が多いように思います。
どのような会社が電力事業を始めるのか、なんとなくイメージをもっていただけましたか?

後悔しない電力会社を選ぶために

本当に得する電力会社・電力メニューを選ぶためには、まず自分の電気の使い方を知る必要があります。
「毎月どれくらいの電気を使用しているのか」、「時間帯ごとの使用量はどうなっているか」、「契約アンペアはいくらか」など、普段あまり意識していないことを確認しなくてはいけません。
既存の電力会社は、電力使用量が少ないほど割安になる料金体系になっていますので、電力使用量が少ない場合には、電力会社の変更を慎重に検討した方が良いでしょう。

1ヵ月の電力使用量が120kWhを上回る場合には、電力会社を変更することで電気代が安くなってくる可能性が十分あります。

続いて、自分に合った電力メニューを検討していきます。
さまざまな電力会社が、いろいろな電力メニューを用意していますので、自分のライフスタイルで一番お得になる電力メニューを比較検討します。
電気代の比較だけでなく、セット割によるメリットや、ポイントサービス分のメリットも加味して電力メニューを選びましょう。

契約を切り替える前に必ず注意していただきたい点は、契約期間にしばりがあるかどうかです。

電力会社によっては、解約違約金や解約手数料が発生することもあります。
後悔しない電力会社選びのために、ここは必ずチェックしておきたいところです。

もっとメリットを大きくするには

自分に合った電力メニューを選べば、契約会社を変更するだけでお得になるので、電力自由化は消費者にとって嬉しいものです。
そうは言っても、選択する電力メニューにもよりますが、実際にお得になる金額は、せいぜい年に1~2万円程度が良いところでしょう。

そう考えると、太陽光発電を設置したときのメリットは、断然大きく感じます
年1~2万円どころか、月1~2万円のメリットが出ることが普通にあります。

自宅に太陽光発電を設置すると、自宅で消費する電力の一部を太陽光発電でまかなえますので、電力会社から買わなくてはいけない電力量は、当然少なくなります。
そうなると、電力会社を変更して電気代を安くすることが、やりにくくなるかも知れません。
太陽光発電を設置できる可能性があるなら、電力自由化に飛びつくまえに、しっかりと太陽光発電についても検討したいところです。

まとめ

電力自由化によって、自宅の光熱費に関心をもつ人が増えることは、とても良いことだと思います。
せっかくの良い機会ですので、電力会社の比較だけでなく、太陽光発電によるメリットもしっかりと比較検討した上で、自宅の光熱費を賢く見直していただきたいと思います。
太陽光発電でどれくらいのメリットが出るか確認したい方は、ぜひソーラーパートナーズまでご相談ください。

閉じる
ソーラーパートナーズ
お問い合わせ先