電力自由化でスマートメーターを購入?5つの誤解を解説

電力自由化に関する5つの誤解

2016年4月1日から電力自由化(電力小売全面自由化)がスタートします。
最近では、毎日のようにテレビや新聞で取り上げられていますので、気になっている方も多いのではないでしょうか。

新しい制度が始まるということもあって、電力自由化に関するさまざまな誤解が広がっています。
そこで消費者庁は電力自由化に関してよくある5つの誤解について注意喚起を行いました。

今回は、そこで触れられた内容についてご紹介したいと思います。

電力自由化の誤解1:停電が起こる!?

さまざまな業者が電力小売に参入してくるため「信用度の低い会社と契約してしまうと停電が起きやすくなるのでは?」と思っている人が結構います。
でも、これは完全に誤解です。

契約先が変わっても、電気の品質は全然変わりません。
仮に聞いたことがないような会社から電気を買う契約にしたとしても、停電が起きやすくなるとか電気が不安定になるということはありませんので、ご安心ください。

電力自由化の誤解2:新たに電線が必要!?

電気の契約先を変えると「新しく契約した会社の電線を改めて引き直す必要があるのでは?」と思っている人も結構います。

これも誤解です。

電力自由化で契約先を変えても、今まで使っていた電線がそのまま使えます。
つまり、どこから電気を買うにしても電気の品質は変わりませんし電線もそのまま使えます。

電力会社を変えても、消費者にとってはただ単に電気を支払う契約先が変わるだけで後は何も変わりません。

何も変わらないのに電気代が安くなるなら、こんなに良いことはありませんよね。

電力自由化の誤解3:2016年3月末までに契約しなければいけない!?

2016年4月から電力自由化が始まるので「2016年3月末までに契約しなければいけないのでは?」という誤解もあります。
これは誤解というよりも、3月中に契約を取りたい代理店から嘘の説明をされて信じてしまっているのではないかと思います。
これも、もちろん誤解です。

3月中に契約しなくても今契約している電力会社から問題なく電気を供給してもらえます。
ですので、焦って飛びつく必要はありません。

これからさまざまな会社から発表される電力メニューをじっくり検討してから、契約先を変えるか決めれば良いと思います。

電力自由化の誤解4:クーリングオフはできない!?

訪問販売で太陽光発電の契約をした場合にクーリングオフを使えることはよく知られていますが、電力自由化でもクーリングオフが使えることは、あまり知られていないようです。
電力契約でも、訪問販売や電話勧誘販売で契約した場合には、契約から8日以内なら契約を取り消すことができます。

クーリングオフ期間の8日間は、法定書面を受け取った日からカウントされます。
「契約書にハンコを押しちゃったけど、手元に書類は残っていない」という場合には、契約書が手元に届いてから8日以内ならクーリングオフできますので、契約してから8日以上経っていても、諦める必要はありません。

電力自由化の誤解5:スマートメーターは有料!?

新しい制度が始まるときには、消費者がよく知らないのをいいことに、して儲けてやろうという輩が必ず出てきます。
電力契約の変更に伴っていろいろな機器を売り込まれることがあるようですが、電力契約の変更だけなら何も機器は必要ありません。

特に「スマートメーター」という、いかにも電力自由化で必要になりそうな機器の名前を出されると、ついそんなもんかなと思ってしまうのではないでしょうか。

電力自由化で新しい機器を買う必要があるというのは誤解です。
悪質な業者に騙されないようにご注意ください。

まとめ

今回は電力自由化に関するよくある誤解について説明してきました。
一般的な感覚から生じる誤解もありますが、悪意のある業者から騙されて誤解してしまうこともあります。
充分ご注意いただきたいと思います。

ここまで散々と電力自由化について説明してきましたが、電力自由化で得する金額はせいぜい年間1万円とか2万円くらいが良いところではないでしょうか。
もちろん、契約変更だけで、それだけのお金が浮くことには、大きな魅力があります。

太陽光発電を設置すれば、普通のご家庭でも毎月1万円や2万円のメリットが出るようになります。

電力自由化で光熱費を見直すなら、単なる電気契約の変更よりも太陽光発電を検討してみてはいかがでしょうか?
どれくらいメリットがあるのか気になる方は、ぜひソーラーパートナーズまでご相談ください。

ソーラーパートナーズ
閉じる
ソーラーパートナーズ独自の取組