ソーラーパートナーズ

ソーラーパートナーズ独自の取組

CO2排出量の削減目標を定めた「パリ協定」が採択!「太陽光同盟」という新たな枠組みも

温室効果ガス削減量目標を定めた、COP21が終わりました

2015年11月30日から12月11日にかけてフランス・パリで開催されたCOP21で、京都議定書に代わるパリ協定が採択されました。

COP21とは、「国連気候変動枠組み条約」の第21回締約国会議のことです。
この会議では、世界の偉い人たち(各国のリーダー・環境大臣など)が一堂に集まって、地球温暖化を食い止めるための方法が話し合われます。

議論の結果、パリ協定が結ばれることになりました。

「パリ協定」って何?

それでは、今回採択されたパリ協定とは、どのような内容なのでしょうか?
パリ協定の内容は、ざっくり言うと次のとおりです。

<パリ条約の概要>

  • 気温上昇を産業革命前に比べて2度未満にする。さらに、1.5度以内になるよう努力する。
  • 21世紀後半には、温室効果ガスの排出量をゼロにする。
  • すべての国が温室効果ガスの削減目標を国連に提出する。5年後に見直しを行う。
  • 途上国への資金拠出を先進国に義務付ける。

パリ条約は、京都議定書につづく国際ルール

今回のパリ協定が採択される前には、京都議定書というものがありました。
京都議定書は、先進国に温室効果ガスの排出削減を義務づけた初の国際ルールです。
パリ協定は、京都議定書に続く世界的な枠組みとして採択されました。

ちなみに、京都は「議定書」、パリは「協定」、と呼び方が違います。
「議定書」と「協定」の違いは、簡単に言うと、約束としての強さの違いです。
議定書には法的拘束力がありますが、協定には法的拘束力があるか微妙なところだそうです。

今回は「協定」止まりになりましたが、「議定書」まで強いものにしてしまうと、アメリカや中国が参加しない恐れがあったので、ちょうど良いところを狙ったのでしょう。

パリ協定は、歴史的なポイントがたくさん

パリ協定は、歴史的な協定だと言われています。
おそらく、今後は歴史の教科書にも載るくらい、重要な話だと思います。
では、パリ協定は何が歴史的だったのか見ていきたいと思います。

パリ協定が歴史的と言われるのは、次のような点からでしょう。

  • 先進国だけでなく、途上国も参加した。
  • COP21参加国すべてとなる196か国・地域が参加した。
  • 二酸化炭素排出量1位と2位の中国とアメリカも参加した。
  • 気温上昇2度未満の目標に加えて、1.5度以内に抑えることの必要性を言及した。

京都議定書に比べて、「より多くの国々が参加して、より高い目標を掲げた」という点が歴史的というわけですね。

太陽光発電にも大きな影響がある

COP21では太陽光発電のブースも出ている

太陽光発電のブースを視察する様子

COP21では太陽光発電のブースも出ている

太陽光発電で飛ぶソーラー飛行機「ソーラー・インパルス」のブースも

パリ協定は、もちろん太陽光発電の普及にも影響が出てくると思います。
COP21開催期間中に、インド主導で太陽光同盟を発足したことが、象徴的な話だと思います。

インドのように赤道直下の国々は日射量がとても強いため、太陽光発電もより多くの発電量が出ます。
インドは、そういった日射量の多い国々に「もっと太陽光発電を活用しよう!」と呼びかけて、太陽光発電の導入を進めるための太陽光同盟を発足したわけです。

さらに日本では、COP21に先立って、「2020年の新築住宅の過半数をZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)にする」という発表を出しています。
しかも、2017年にネガワット取引市場を創設するという話も出ていますので、太陽光発電を導入する人が、今よりもどんどん増えてくることでしょう。

こういった動きは、パリ協定によって、強く後押しされることになります。

まとめ

パリ協定によって、地球温暖化を食い止めるための、新しい世界的な枠組みができました。
温室効果ガスの排出削減に、太陽光発電は大きく貢献することができます。

世界的な合意ができた以上、今後ますます太陽光発電は広まっていくことでしょう。

太陽光発電で、温室効果ガス削減を

個人として温室効果ガス削減につながる動きが、太陽光発電の導入です。
環境に良い太陽光発電の導入をお考えなら、ソーラーパートナーズまで、ぜひお問い合わせください。

CO2排出量の削減目標を定めた「パリ協定」が採択!「太陽光同盟」という新たな枠組みも への2件のコメント

  1. Shino より:

    いつも楽しみに拝見させて頂いております。

    昨年5月頃に50kW迄の発電システムに注目して調査を開始して、6月末にリコアスのシステム購入を決めて、国の
    承認は1ヶ月でしたが、東電は今年9月まで掛かりやっと東電の許可が下りて今取りつけ工事中です。その際は大変に
    お世話になり有難うございました。

    太陽光発電のエコ優位性はあるのですが、蓄電できないからと中々設置の許可が下りないという情況でした。
    しかし三菱電機が大容量の蓄電システムを開発したので、そんな筈は無いのです、大いにキャンペーンを
    張って 国を動かして頂きたいと、期待しています。
    ご存知かもと思いますがご参考までに、以下の記事をご覧頂きたく、メールしております。
     http://www.mitsubishielectric.co.jp/news/2015/0622-b.html

    今後とも宜しくお願い致します。

    • ソーラーアドバイザー より:

      Shino様

      コメントありがとうございます。

      ご教授いただいた三菱電機の大容量蓄電システム以外にも、最近ではさまざまな蓄電システムが開発されてきていますので、発電量が不安定な再生可能エネルギーが活躍できる余地は今後ますます広がっていくと思っています。

      微力ながらその一助となれるよう今後も努力して参ります。今後とも応援よろしくお願いいたします。