ソーラーパートナーズ

ソーラーパートナーズ独自の取組

太陽光パネルの海外メーカーにとって架台がネックに

太陽光&エコ情報あれこれ

昨日の日経産業新聞に面白い記事がありました。日本市場への参入を狙う中国などの海外メーカーにとって架台の確保がボトルネックとなりつつあるというもの。
日本の太陽光発電市場は海外市場と比べて特殊です。なぜなら日本では太陽光発電の9割以上が住宅用。海外ではこの比率は真逆になります。
海外メーカーは小さな住宅に設置する技術はもっていないわけなのでそこは架台メーカーに頼らざるを得ません。
でもそこには既に国内メーカーを始め既存客がいるため、はいそうですかという訳にはいかないからです。
太陽光発電システムにとって、架台が命です。簡単に言えば太陽光パネルは架台にのっているだけです。海外メーカーのコストプレッシャーから質の低下を前提とした製品が出回ってしまう事だけは何としても避けて欲しいと思います。
架台の不具合はひいては屋根の損傷へと繋がります。

\ あなたが検討しているのはどっち? /
あなたが検討しているのはどっち?