ソーラーパートナーズ
ソーラーパートナーズ独自の取組
ソーラーパートナーズ独自の取組

パナソニックがマレーシアに太陽光パネルの新工場を建設

監修者
中村雄介 ソーラーパートナーズ専務取締役

著書2冊、NHKをはじめメディア出演多数。

→アドバイザー紹介ページへ

太陽光&エコ情報あれこれ

パナソニックが太陽電池をマレーシアに新工場を建設して初めて海外で一貫生産すると発表しました。
2010年にシャープ、京セラに次いで3位だった国内シェアを2012年度に首位に引き上げ、15年度には世界3位になる目標を掲げています。
低価格を武器にした中国メーカーの販売攻勢もあり、シャープが赤字になったり、京セラも採算悪化しています。
持続的な成長のために大元のメーカーさんが赤字では太陽光発電業界の健全な発展はあり得ません。
価格競争はエンドユーザー視点からは有難い事ですが、業界の者からすれば良い話だけでもありません。
作り手、売り手、買い手、世間、全てにひずみなくバランスよくメリットがあり続ける業界であって欲しいと願います。