ソーラーパートナーズ

ソーラーパートナーズ独自の取組

DMM.comが8万円で太陽光発電のサービス内容を変更

DMM.comが8万円太陽光発電のサービス内容を変更

以前にご紹介したDMM.comの『8万円で太陽光発電システムを自宅の屋根に設置できるサービス』ですが、やはりあっという間にそのカラクリに皆が気づき、指摘が多かったのでしょう。
サービス内容の変更が発表されました。

以前紹介した際の記事はこちら。
DMM.comが8万円で太陽光発電を設置»

前回発表のサービスは、余剰電力を分けあうのではなく『総発電量の7割をDMM、3割を契約者で分けあう』というものでした。
問題は総発電量の3割を超過して使ってしまった分には、売電単価の42円をかけた金額をDMMに支払わなければならないというものでした。

今回は8割をDMM、2割を契約者で分け合い、超過利用分は通常の買電単価

今回の変更で発表されたサービス内容は、『総発電量の8割をDMM、2割を契約者で分けあう』というものです。
しかも、2割を超過した分については42円ではなく24円の買電単価で計算した額をDMMに支払うというものになりました。

以前の記事でも書きましたが、初期投資を出せる人はDMMのサービスを利用して買うより普通に買った方が圧倒的にメリットが出ます

本当に初期費用をかけたくない人、ローンを組みたくない人で、日中電気使用量が多く、それほど屋根面積が多くない人には良いと思います。

まとめ

ちなみにオール電化を導入していたりで日中の買電単価が24円以上になっている方は差額益が出せてお得だなと思ったのですが、さすがにそれは駄目でした。
24円というのは目安としての発表で、2割を超過した分の清算に使う単価は、契約者の買電単価を適用するとしておりました。

さすが賢いです。

\ あなたが検討しているのはどっち? /
あなたが検討しているのはどっち?