ソーラーパートナーズ

ソーラーパートナーズ独自の取組

アメリカの太陽電池メーカーのソリンドラが破産法申請

太陽光&エコ情報あれこれ

なんと太陽光発電メーカーのアメリカのソリンドラ社が8月31日に破産法を申請しました。
1100人の従業員は同日付で解雇したそうです。
日本でもちょこちょこ話を聞き出していたところなので驚きです。
今後のメーカー選びに大きな影響を与えそうです。

アメリカの太陽電池メーカーのソリンドラが破産法申請 への2件のコメント

  1. JT より:

    2社の見積もり云々の話です。

    今回太陽光発電を考えた時に、最終的に2社が残りました。1社はおじさんの話が面白くて、だんだん深みにはまって行ったら、お互いの私生活の事まで話すほど仲良くなりました。もう1社は電話とFAXで連絡するのみで、実際に顔を見て話すまで至りませんでした。

    おじさんのところは個人商店みたいなところで、ちっぽけな会社でしたが、とても誠意を見せてくれました。
    もう1社は近隣の県にも出張する、大きな会社でした。金額もこっちの方が安かった。

    最後におじさんは「相手はどこなんだ?」と聞いてきたので相手先の事を話したら「そりゃダメだ!相手にならないからこの話は降りる」と言って来ました。でも「おじさんじゃなければダメなんだ!絶対におじさんにやってもらいたいんだ!」と言って最後の値引きをしてもらって、その場ですぐに契約しました。

    お互いの事を愛称で呼び合って、バカな事ばかり話しながら仕事をしてもらっていますが「このおじさんにやってもらった工事なら大丈夫だろうし、もしこの先、おじさんの会社が倒産したとしても(縁起でもない!ちょっと言い過ぎ)ここに頼んで良かったな」と思えるパートナーです。

  2. Littleforester より:

    JTさん。。。
     それって大事なことですよね。お気持ちよくわかります。
     大事な家に工事を施すわけですから、多少高くても、信頼のおける方にお願いしたいものです。
     そう考えて、うちも信頼のおける(と思える)業者さんにお願いしました。それは、こちらのソーラーパートナーズさんにご紹介いただいた業者さんでした。ソーラーパートナーズさんにはこの場を借りて、あらためてお礼申し上げます。ありがとうございました。
     
     
     

\ あなたが検討しているのはどっち? /
あなたが検討しているのはどっち?