マンションに太陽光発電を設置するとkW単価が跳ね上がる

今日の太陽光発電相談事例

マンションの管理組合さんからの相談でした。
管理組合の理事会で太陽光発電を屋上部分に設置して廊下など共用部分の出力をまかなったらどうか?という意見が出されたそうです。
金額等、見当がつかないので相談とのこと。

マンションに設置する場合、「公共産業用」扱いになる為、住宅用と比較して高額になります。
大体相場的に1kWあたり100万円位です。
(住宅用と違い、卸の商流が全く違う事、パワコンや架台の価格が違う事が原因です)

およその費用の計算方法ですが、メーカーによって多少の差はあるものの、およそ1平米で0.14kW位の容量になるので、例えば100平米で14kWになり、約1400万円となります。

産業用(10kW以上)に関連する記事

産業用(10kW以上)に関連するQ&A

人気記事ランキング

コメントをどうぞ

▶入力欄を開く▼入力欄を閉じる

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。


見積り依頼はこちら

わずか1分!しかも無料見積り依頼
郵便番号と設置場所を選ぶだけ!

1分で入力完了!見積り依頼 (無料)

ステップ1 郵便番号を入力してください必須

※郵便番号がわからない場合はこちら

ステップ2 希望商材を選んでください必須

見積もり依頼で相場価格表プレゼント!

2019年 要チェック記事

殿堂入り人気記事

お客様の声

お客様の声をもっと見る »

太陽光発電のキホン

記事をもっと見る »

メーカーインタビュー

もっと見る »

太陽光発電の今を知る

コラムをもっと見る »

太陽光発電の導入成功ガイド

導入成功ガイドをもっと見る »

太陽光発電のトラブル事例

トラブル事例をもっと見る »

太陽光発電の価格を相談する

価格相談をもっと見る »

太陽光発電の専門家に聞く
(プロが答えるQ&A)

Q&Aをもっと見る »

ソーラーパートナーズ独自の取組

お問い合わせ

マンガでわかる太陽光発電