ソーラーパートナーズ
ソーラーパートナーズ独自の取組
ソーラーパートナーズ独自の取組

三洋電機の太陽光発電バス『ソラビ(SOLAEVE』

監修者
中村雄介 ソーラーパートナーズ専務取締役

著書2冊、NHKをはじめメディア出演多数。

→アドバイザー紹介ページへ

太陽光&エコ情報あれこれ

三洋電機と両備グループは、未来型ハイブリッドバス「ソラビ(SOLARVE)」を共同開発したそうです。世界で初めて太陽電池を搭載する公共交通で、三洋電機の「HIT太陽電池」とアモルファスシリコン太陽電池「Amorton(アモルトン)」を屋根に搭載して、太陽光エネルギーを電気に変え、車内の照明用LED電灯の電気として使用します。このLED照明は、無日照時でも約9時間の連続点灯が可能で、車内の除菌や消臭などに役立つ「エネループ エアフレッシャー」も5台搭載しているとのことです。未来バスですね。