パナソニックが屋外用マルチストリング型パワーコンディショナ5.9kWタイプを発売

地元の太陽光業者を探す
▼ 都道府県を選択 ▼
▼ 検討しているのは? ▼

パナソニックが屋外用マルチストリング型パワーコンディショナ5.9kWタイプを発売

10月2日に実は発表されていて前回書こうと思っていたのですが、磐田市の補助金のインパクトで忘れてしまっていました。
でもこちらも業界的にはインパクトのある話です。
パナソニックがとうとう屋外型のパワコンを出してきました。
それも変換効率96%と高効率です。

SANYO時代から待ってました

HITを設置したいというアパートオーナーさんはSANYO時代から結構いらっしゃるのですが、SANYO時代はそれこそシャープしか屋外用のパワコンをもっておらず独壇場となっていました。
そこにポツポツと屋外用パワコンをラインナップに加えるメーカーが出始め、今では東芝ソーラーフロンティアも屋外パワコンを持っています。
ただパナソニックは持っていなかったので、屋外にしか設置できないケースの場合は専用の収納箱に入れればOKという事になっていたのですが、この収納箱がまた高くて現実的ではありませんでした。

屋外用パワコンがある事のメリット

屋内に設置できないのはアパートオーナーに限りません。
よくあるケースですと屋根が東西の切妻で結構枚数が乗せられるのに、パワコンを2台設置する場所が屋内に取れないので泣く泣くパワコン1台分に抑えて設置するというようなことがあります。
これも屋外用パワコンがあれば解決します。

まとめ

おまけによくプレスリリースの文面を読むと、10月21日に全量買取対応方式のワイヤレスエネルギーモニター(VBPM370CK)が発売されるとさらりと書いてあります。
これはこれで別にプレスリリース出してもいいくらいの情報だと思います。

今まで全量買取の方にはモニターは出せませんでした。
ご自宅で幸い10kW以上設置できるので導入したもののモニターがないので、「リアルタイムでどのくらい発電しているのかという事を見る楽しみが味わえない」と嘆いている方はたくさんいらっしゃいました。
それもこれで解決です。

やはり競争環境がその商品の質を上げていくんですね。
早くパナソニックも垂木固定対応の架台出してくれないですかね。

ソーラーパートナーズ
閉じる
ソーラーパートナーズ独自の取組