ソーラーパートナーズ
ソーラーパートナーズ独自の取組
ソーラーパートナーズ独自の取組

ドイツの太陽電池メーカーQセルズが経営破たん

監修者
中村雄介 ソーラーパートナーズ専務取締役

著書2冊、NHKをはじめメディア出演多数。

→アドバイザー紹介ページへ

ドイツの太陽光発電メーカーQセルズが経営破たんしました。
また、アメリカのソーラー開発を手がけるソーラー・トラスト・オブ・アメリカも破たんしました。
ご存知の方も多いと思いますがQセルズは数年前は世界ナンバーワンメーカーでした。
破たんの理由は簡単で、中国メーカー勢の安値攻勢です。

では中国メーカーは潤っているのかというとそうではなく、現在世界ナンバーワンのサンテックパワーインリーソーラーなども10億ドル、5億ドルの赤字です。
日本円にしたら1ドル82円換算で820億円410億円という巨額な赤字です。

20年、30年と付き合っていく商品ですのでこれから日本の住宅用市場でのメーカー選び販売会社選びに、より安全という志向が強くなっていくターニングポイントになりそうな気がします。