ソーラーパートナーズ
ソーラーパートナーズ独自の取組

変換効率が現在の3倍以上の太陽電池の開発

監修者
中村雄介 ソーラーパートナーズ専務取締役

著書2冊、NHKをはじめメディア出演多数。

→アドバイザー紹介ページへ

昨日の日経産業新聞の1面に出ていましたがエネルギー変換効率が現在の3倍以上となる太陽電池の開発が動き出すそうです。
東大、シャープ、太陽日酸、東京エレクトロン等のプロジェクトで10年計画で開発する構想を温めており、2013年度の研究開始をめざし、10年後に60%の変換効率達成を掲げているそうです。