ソーラーパートナーズ

ソーラーパートナーズ独自の取組

太陽光発電を活用した飲料水を作る淡水化システム

日立プラントテクノロジーが太陽光発電を活用して飲料水を作る淡水化システム事業を海外で始めます。
日立プラントは2009年にアラブ首長国連邦から砂漠に人工の水飲み場をつくるプロジェクトを受注した実績があり、その際に砂漠に動力源がないため太陽光発電を利用しました。

このノウハウを生かし、さらに人間の飲料水向けのシステム開発につなげたそうです。
当面はアジア太平洋の島しょ国を中心に需要を開拓します。