ソーラーパートナーズ

ソーラーパートナーズ独自の取組

米国が中国の太陽電池へのダンピング課税を正式決定

アメリカの商務省から最終決定

以前ここでも取り上げた、アメリカが中国製の太陽電池への反ダンピング関税と相殺関税を課すことを検討していた件ですが、今月の10日にアメリカの商務省から最終決定が発表されました。

米国際貿易委員会が、11月下旬の会合で米企業の被害を最終的に認定すれば実際に納税命令が出されます。

対象となるのは、中国製の結晶シリコン型太陽電池。

サンテックパワーなど中国主要メーカーの大半は18%台から31%台の税率が適用されるとのことです。

とうとう確定しましたね。

\ あなたが検討しているのはどっち? /
あなたが検討しているのはどっち?