ソーラーパートナーズ

ソーラーパートナーズ独自の取組

  • 太陽光発電
  • »
  • メーカー
  • »
  • 中国がイタリアとギリシャの太陽光発電優遇措置について世界貿易機関(WTO)に提訴しました

中国がイタリアとギリシャの太陽光発電優遇措置について世界貿易機関(WTO)に提訴しました

中国が5日、イタリアとギリシャが太陽光発電分野で、現地の部品を中心に使っている電力会社を価格面で優遇しているのは協定違反だとして、世界貿易機関(WTO)に提訴しました。

今月1日にはEUから輸入される太陽電池の原材料、多結晶シリコンが、ダンピング(不当廉売)や補助金による政策支援で、不当に安い価格に設定されている可能性があるとして、ダンピング調査を開始したと報道があったばかりです。

これらの中国の動きは、EUが今年9月に、中国製太陽光パネルや太陽電池を対象に、ダンピング調査を開始したことへの対抗措置とみられます。

以前この欄でもアメリカが反ダンピング課税を中国製太陽電池へ課す方針を決定したとお伝えしておりますが、太陽光発電関連での欧米と中国の貿易摩擦がさらに激しさを増してきております。

\ 太陽光発電・蓄電池の /
無料太陽光発電・蓄電池の見積スタート!