京セラが多結晶モジュールで変換効率15.1%を記録

太陽光&エコ情報あれこれ

京セラが200Wの新型パネルを発表しました。

昨年多結晶での世界最高水準になる17.8%の変換効率のセル『ガイナ』を使用したモジュールです。
モジュールの変換効率は15.1%です。多結晶ではすごいと正直思います。

化合物系のソーラーフロンティアのパネルもとうとう13%に乗ってきました。

単結晶の東芝は19%を超えています。

いよいよ20%超えが出てきそうですね。

ソーラーパートナーズ
閉じる
ソーラーパートナーズ独自の取組