ソーラーパートナーズ

ソーラーパートナーズ独自の取組

太陽光発電導入量が急速に拡大、世界の太陽光発電が昨年度比44%増加!

太陽光&エコ情報あれこれ

世界の太陽光発電が昨年と比べて44%増加

 
欧州太陽光発電産業協会(EPIA)が2012年末の世界の太陽光発電の累積導入量
は、1億200万kWと1年前と比べ44%増加したと8日発表しました。

最大市場のドイツが堅調だったことに加え、中国と米国、日本が急拡大した結果で、中国は米国を抜いて累積導入量で世界3位に浮上しました。
 

世界の累積導入量の地域別割合

 

順位 割合
1位 ドイツ 31%
2位 イタリア 16%
3位 中国 8%
4位 米国 7%
5位 日本 7%

世界の導入の流れ

今まで世界市場を引っ張ってきたのはドイツ、イタリア、スペインと中心としたヨーロッパですが導入支援策の見直しが進んだ結果ヨーロッパの新規導入量は20%以上減少しました。その代り、中国が200%、米国が80%、日本が50%増加しました。

世界では今後年3千万kW前後の拡大が続く見通しとのことです。
 
こんなに市場が拡大しているのにメーカーがどこも利益を出せていないって、なんかおかしいですね。


2013年5月10日のその他の記事

『販売会社によって太陽光の設置出来る出来ないが変わる?…』今日の太陽光発電相談事例
『太陽光発電導入量が急速に拡大、世界の太陽光発電が昨…』太陽光&エコ情報あれこれ
『好奇心旺盛である事は良いことです』三児のパパで相撲好きソーラーアドバイザーの日常