ソーラーパートナーズ

ソーラーパートナーズ独自の取組

中国が欧米の反ダンピング課税対策を開始

太陽光&エコ情報あれこれ

アメリカの反ダンピング(不当廉売)課税の仮決定を受けて、安売りを続けていた中国の太陽電池メーカーが課税を避けるため、アジアの各地域からの部材調達に動きだし始めたようです。

部材をほかの地域から調達すれば課税を免れることができるため、台湾からの部材調達を増やしているとのことです。

EUも反ダンピング調査に乗り出しているのでさらに台湾などへの需要はさらに高まる可能性があります。

\ あなたが検討しているのはどっち? /
あなたが検討しているのはどっち?