ソーラーパートナーズ

ソーラーパートナーズ独自の取組

10kW未満を検討中の方必見!売電価格42円の締切日が2月22日はウソ!?

2月5日に資源エネルギー庁のホームページ上に「平成24年度の売電価格42円を受けるための設備認定の申請の目安として、2月22日金曜日までを一つの目安として、申請書類を提出いただくようお願いします。」と発表した事により、この件での相談・問い合わせが殺到しております。

販売をしている企業の中には、この情報を利用して結論を急かしたりするところが出てきたり、そもそも勘違いをしているところがあったりと、多くの導入検討中の方に「2月22日までに契約をしないと42円に間に合わない」という情報として伝わってしまっています。

確かに紛らわしい発表の仕方であったと思います。

ただ、2月22日の申請目安というのは決して申請締め切りという事ではありません。
あくまで50kW未満の場合の『30kW台や40kW台の大型案件までを含めた』申請目安です。

容量が大きくなればなるほど設備認定には時間がかかりますので、工場の屋根などに検討していらっしゃる方は、確かにすぐに申請をしないと間に合いません。

しかし10kW未満の住宅用であれば、現状、申請から10日前後で認定がなされます。
ですので住宅用案件の申請目安は
『3月15日金曜日』
あたりではないかと思います。

10kW未満でご検討中の方は、あまり時間が無いことには変わりませんが、販売会社の誤った情報提供により売電価格42円を諦めてしまっていたら、まだ間に合いますので急ぎましょう。

10kW未満を検討中の方必見!売電価格42円の締切日が2月22日はウソ!? への4件のコメント

  1. タムラエツオ より:

    3.5KW搭載の家庭用ソーラーで売電価格はどの時点で変更になるのでしょうか。
    ご存じでしたら教えてください。

    • ソーラーアドバイザー より:

      タムラエツオ様

      コメントありがとうございます。

      既に設置済みの方は契約時点の売電価格から、買取期間中は変更にはなりません。

      現在契約検討中の方は、3月29日(金)までに設備認定を完了し、電力会社への申込を済ませた方が、42円の売電金額対象になります。

      それに間に合わなかった場合は来年度の売電価格が適用になります。

  2. 生田寿美子 より:

    20日夜遅くに、明日で締切終わるんです。急な事で検討されてる皆さんに電話してます。後で契約止める事も出来るので、取り合えず申込みだけされたら?と業者からの連絡でした。でもこのホームページの中では間違いだと。確かに日が迫ってるのはたしかですが…夜遅くに掛けて来る程では内のでは?ソーラーシステムから紹介された業者ですが、大丈夫ですか?本当に違約金無しで断れるんですか?

    • ソーラーアドバイザー より:

      生田寿美子 様

      コメントありがとうございます。

      本文中にも書かせて頂きましたが、資源エネルギー庁の少し紛らわしい発表の仕方によって、勘違いをしてしまった販売店が多かったのも事実です。

      締切というのは間違いではあるものの、22日以降は責任とらないと資源エネルギー庁が言っている日である事には間違いありません。

      我々としても、こんなに多くの会社が勘違いを起こしているという事実を知るのに結構時間がかかってしまい、工事会社ネットワークのパートナー企業に連絡を入れるのが、直前の21日になってしまった為、周知が遅れてしまいました。

      契約の詳細についてはその企業さんに是非、直接確認して頂きたいと思います。

\ あなたが検討しているのはどっち? /
あなたが検討しているのはどっち?