ソーラーパートナーズ

ソーラーパートナーズ独自の取組

『経済産業省、電力会社への申請代行』から始まる産業用太陽光発電の押し売りが頻発中

会社で太陽光発電を検討している方から、ご相談というか情報提供が有りましたので共有致します。

2012年の秋から会社として太陽光発電システム設置の検討を始め、一括見積サイトに登録して数社から提案を受けたという方でした。
会社の遊休地を使ったかなり大きな規模の検討であったため3月までのの結論が出ずに各社に一旦お断りの連絡をしたそうです。

するとその中の1社より
「経済産業省、電力会社の申請だけでも進めませんか?
電力会社への費用はかかりますが、当社は無料で申請手続きまではさせて頂きます。
最終的に他社で依頼される事になっても結構です。」

という提案があり、申請まではお願いをする事になったとの事です。

その後紆余曲折があり、検討を始めてから1年後の2013年12月に、この申請だけしてくれた企業に業者・メーカー等選定を終えたので断りの連絡をしたそうです。
すると、そこの社長から驚きの内容の連絡が入ったそうです。

なぜか勝手に土地を貸して太陽光発電を設置することに

「土地を御社(ご相談者様の会社)から賃貸して太陽光発電事業を自社(販売会社側)で行う事になっており、その為のすべての準備、部材発注、架台政策、など全て完了し、今年2月5日に納品される予定になっている。
電力会社への本申請、経済産業省へのID取得も完了済み。
各業者、電力会社への払い込みも完了している。

この状況で、担当者から報告を受け大変困惑している。
状況がまだ把握できていないが今から他社がされるとしても、時間的に本年度は間に合わないと思う。

また、当社以外の方がやられる場合、当社が申請を取り下げないと経済産業省、電力会社の申請ができないと思われる。」

つまり、なぜかご相談者様の会社が販売会社に土地を貸すことになっており、この販売会社が自分たちで太陽光発電事業を行うという事になっていたとの事です。

偽装した土地利用権設定契約書を経済産業省に提出

その後この方が、経済産業省に掛け合い、訪問までしていろいろと確認をしたところ、2013年秋に軽微変更届け及び土地利用権設定契約書(袋とじで割印まで捺印されていた)が提出されており、事業者が第三者に勝手に変更されていたそうです。

当然この方はそのような同意もした覚えもないし、契約書の締結などもしていないのでこの土地利用権設定契約書は完全な偽装書類です。
提出書類の印影を確認したところ間違いなく偽造しているのがわかったので、この会社に抗議をし再度名義変更の手続きもしてもらい一応事なきを得たそうです。

正直この方も私もこの会社が何をしたかったのかがいまいちよくわかりません。
一担当者の暴走だったのか、会社ぐるみの犯行なのかもわかりません。
しかい、経済産業省にこのようなトラブル相談がたくさん来ているという事も聞いたので、こんな考えられないケースでも事が進んでしまっているケースが逆にたくさんあるという事だと思います。

押し売りにも近い強引な手法で産業用太陽光発電の販売が行われている

勝手に人の土地に太陽光発電システムを設置してしまうわけですからどう考えても時間の問題でばれてしまいます。
それでもこんな強引な手を使って(犯罪行為をしてまで)販売してしまうという事は、このままなし崩し的にできてしまうケースがあるのだと思います。

確かにもしこれが既に太陽光発電システムも設置された後で判明したとしたら、偽造とはいえ契約書まで取り交わされているし、賃料は払うと言っているから、もう何が何だかわからないけどもういいか、となるのかもしれません。

まとめ

この話の発端はちょうど1年前です。
そして今ごろになって、たくさんそのたぐいのトラブル相談が経済産業省に寄せられているという事は、まさしく今も新たに詐欺のような話が全国各地で進んでいると思われます。

コラムにも書きましたが、売電の権利だけをとりあえず取得しておくという行為は問題視されています。
今までは設置工事の期限は設けられていませんでしたが、いよいよ国が動きだしそうな気配を見せています。

実際に自分の土地で設置に向けて動いている方はいいですが、土地も何もなく、なんかいいなあと思っている方は怪しい話などにはくれぐれも乗らないように注意して頂きたいと思います。

売電の権利だけを取得しておくことに対しては今週のコラムの方に詳しく書きましたのでよろしければご覧になってください。

経済産業省が627件の売電価格権利のみ取得案件の設備認定を取り消しへ
https://www.solar-partners.jp/pv-eco-informations-2681.html

\ あなたが検討しているのはどっち? /
あなたが検討しているのはどっち?